英語 発音 チェック サイト。 英語の発音|無料で練習!8つの人気おすすめアプリ・サイトで上達

Ginger 英文チェッカー

英語 発音 チェック サイト

今「英会話力」が求められています! 従来までの学校教育の英語学習では英語の読み書きの勉強が中心でしたが、最近では、「英語を聞く」「英語を話す」ことを含めた英語の4技能が重視されています。 また、最近では、• 「社会人になってから仕事で急に英語で会話する必要がでてきた・・・」• 「会社で英語の能力が人事評価の一つになった・・・」• 「転職しようと思ったら、求人の条件に日常会話程度の英会話必須と書いてあった・・・」• 「子どもが小学校から英語を習っていて、少しでもそれっぽい英語で会話したい・・・」• 「街角で外国人に話しかけられたけど、ほとんど会話ができなくて英単語を言えるだけだった・・・」• 「英語の発音を笑われたのがトラウマで、英会話はどうしても恥ずかしい・・・」 など、仕事や日常生活でも、ますます英語で会話する時間や「英会話力」が求められる機会が増えています。 英会話にとって英語の発音は重要? 発音がネイティブのようでなくても、伝える意思があれば伝わるというのも事実です。 英語が世界言語となりつつある今、一般にネイティブとされる英国・米国の英語を話す話者は少数派でしょう。 むしろ自分の訛りをアイデンティティとして、堂々と話すことも重要です。 話す言葉がきれいでも、中身が伴っていないと「この人はあまり考えてないな」と思われてしまいます。 一方で、訛りの強い発音が原因で、コミュニケーションに障害が生じたり、誤解が生まれたりすることも往々にしてあります。 必要最低限、どの国の英語話者にも理解される程度の正確な発音は、身に着けておきたいものですね。 英語の発音は、日本人にとって特に難しいとされます。 英語には日本語に無い発音が多く、舌や唇の使い方が異なるためです。 それゆえに「ネイティブのように発音できないから、英会話は恥ずかしい」と感じる方も少なくないかもしれません。 確かに発音の練習相手をしてもらうのは、気恥ずかしいし、そもそもネイティブの友達がいないから現実的でない…。 一人で発音練習をする場合、その発音を正しくチェックすることで初めて、改善に結び付けられるでしょう。 まずは英語の発音から、英会話力を診断してみよう! その難点を打ち破るのが、オンラインの発音テスト。 Weblio のスピーキングテストでは、英語の発音のネイティブ度を機械で判定することで、あなたの発音レベルをチェックします。 まずは「正確に発音できること」にフォーカスして、「英語の発音の診断」から、あなたの英会話力を診断しています。 「weblio 英会話力診断」では、表示される英文をマイクに向かって読み上げてもらい、あなたの発音やアクセントなどの英語の話し方について自動で診断を行います。 人前で英語を話すのが恥ずかしい時も、機械相手なら幾分落ち着いて発音練習ができるので安心です。 すでに自分の英会話力を把握している方は、英会話力を維持・キープできているかを確認するためにもご利用いただけます。 また、英会話力診断のシステムを用いて発音のトレーニングや勉強に活用いただくことも可能です。 当サイトの発音チェックは無料です。 早速、診断をはじめてみましょう 日本人は英語の発音が苦手? なぜ日本人は英語の発音が苦手と感じるのか、疑問に思う人は多いようです。 要因は一つではありませんが、まず、日本人は他国に比べて圧倒的に英語を話す機会が少ないことが挙げられるでしょう。 読み書き中心の教育を受け、ネイティブである ALT と話す機会は週に1回、30分といったところです。 つまり普通に授業を受けているだけでは、スピーキングや発音練習に使っている時間は1週間の0. 生活の99. 日本人は世界的に見ても勤勉家で、学習能力が高いと言われていいます。 日本人が英語の発音やスピーキングを苦手とするのは、日本人の頭が悪いからではなく、単に学び方・アウトプットの仕方が不十分であるためと考えられます。 また、ある言語の発音・文法をネイティブレベルに習得できる年齢には上限があります。 その年齢は「クリティカル・ピリオド」と呼ばれ、個人差はありますが13歳くらいまでとされています。 発音をはじめとするスピーキング技能は、この「クリティカル・ピリオド」までに叩き込まなければ学習効果が弱まるため、中学から勉強しているのになかなか身につかない、というのは人間の構造から見て自然なことなのです。 英語と日本語の言語の特質上、日本人にとって特に英語の習得が難しいという側面もあります。 文法と発音は特に大きく異なります。 そして一般的な英語の授業では、文法の学習には時間をかけますが、スピーキングや発音矯正に時間をかけることは少ないのが現状です。 一人で発音をチェックするにはどんな方法が? 無料で手軽な発音判定の方法はいくつかあります。 ネイティブの友達に発音チェックしてもらう• Siri や Google 音声認識などの機械で発音判定する• 発音判定サイトなどの web サービスを利用する ネイティブの友達はもっとも強い味方といえます。 舌の動きがどうなっているか、どう直すべきかを細かく指示して、自分に合った発音矯正をしてくれるでしょう。 しかし、そんなネイティブの友達はなかなかいないし、いたとしてもわざわざお願いするのは気が引ける、恥ずかしい、といった懸念点があるかもしれません。 Siri や Google 音声認識での発音判定は気軽さが特徴です。 スマートフォンの基本設定を英語にすることで簡単に発音チェックができるため、利用経験のある方も多いかもしれません。 これらは発音チェックのためのサービスではなく、あくまでも発言に込められた要求を実行するための機能なので、発音記録を残すことや、発音矯正するための特別な仕組みが備わっているわけではありません。 発音判定サービスには、発音の正確性によってスコア化されるものや、オンラインでランキングが残るものがあります。 スコアやランキングを見ることで、自分の発音レベルがどの辺りに位置するのかを把握することができ、モチベーションとなるでしょう。 もし、すでに発音が十分に正確だった場合 もしあなたの発音が、英語でのコミュニケーションをするのにすでに十分に正確だった場合、次に重要となるのは、相手の英語の発言内容を正確に聞き取ることになります。 これは、自分ひとりで訓練するのはなかなか難しいため、例えば、下記のような勉強法を使って、トレーニングしている方が多いようです。 海外の映画やドラマを、英語の字幕と照らし合わせて何度も見る• オンライン英会話などのサービスを利用して、実際に相手に英語で話しかけてもらう環境を作り出す いずれにしても、英会話は、英語での言葉のキャッチボールになるため、「自分が英語で正確に伝えられる」うえで、さらに「相手が英語で話していることを理解」できることが、次の重要なステップになります。

次の

【2019年決定版】英語発音合ってる?発音チェック・矯正おすすめ神アプリ20選|英語アプリbest

英語 発音 チェック サイト

オンライン英英辞典No. 1 英英辞典のオンライン辞書の一押しは、オックスフォード大学出版のOALDです。 英語の辞書といえばOxford English Dictionaryですが、OALDは英語学習者用辞書の最高峰と言えるでしょう。 しかも、イギリスで出版されている辞書であるにもかかわらず、イギリス発音・アメリカ発音の両方が聞けます。 この2つの英語の違いを聞き比べてみるのも面白いと思います。 英英辞典を使い慣れていない方も、これを機会に思い切って使ってみませんか?英英辞典は「大人のなぞなぞ本」です。 例えば、以下の定義はなんの単語のことでしょうか? an animal with four legs and a tail, often kept as a pet or trained for work, for example hunting or guarding buildings. いかがですか?an animalですから動物で、しかもfour legs and a tailですから、しっぽのある4本足の動物だとわかります。 また、a pet, huntingなどから、答えはdogだとわかります。 いろいろな単語を入れて、その定義を見てみて下さい。 結構楽しいですよ!dogのような名詞の他、go やstudyなどの動詞、happy やluckyなどの形容詞など、さまざまな種類の物事や事象を英語で説明する面白さや楽しさに気付かれると思います。 なにより、英語を英語で説明する力がつきますし、語彙や言い回しが自然と増えます。 最終的には英和・和英辞典を使うとしても、まずは英英辞典を引く、という癖をつけてみることをお勧めします。

次の

英会話・発音(旧サイトデータ)

英語 発音 チェック サイト

発音がうまくできない• 音を真似しようとしても、 口の動きや舌の動きがわからず、 同じ音が出せない• 発音記号が読めない、どういう発音になるのかわからない という、 発音に関しての相談です。 正直言って、はじめの頃はあまり発音のことは気にしすぎる必要はないです。 まずは、とにかくたくさん聴いたり、よく使う単語や基本的な文法を覚えたりする方が重要です。 しかし、学習を進めていくにつれて、発音はいろんな場面でその存在感を増してきます。 相手の話している内容が うまく聞き取ることができなかったり。 簡単な単語のはずなのに、 相手に聞き取ってもらえなかったり。 辞書で単語を調べても、 発音の仕方がわからなかったり。 逆に、発音記号が読めると、辞書を見れば、どう発音すればいいかだいたい分かるようになります。 実は、発音や発音記号を身につけると、英会話において 非常に強い味方となってくれるんです。 ということで、今回は、 英語の発音を味方につけるために おすすめの「使える」サイトを4つご紹介したいと思います。 ポイント!• アメリカの アイオワ大学が作成• 舌の動きと実際の口の動きの動画を見ることができてわかりやすい• 以前はサイトのみだったが、現在は スマホアプリもある(有料)• 個人的には 一番おすすめ。 ただし、 英語サイト 以前僕が集中的に勉強をしていたとき、大変お世話になったサイトです。 日本語では「エ」と聴こえる音でも、英語では何種類かの音が存在します。 その微妙な違いについて、 舌や口の動きを 動画で視覚的に見ることができ、非常にわかりやすいです。 子音と母音それぞれ個別に、発音記号と音を合わせて覚えることができます。 英語のサイトになるので初級者にはわかりづらいかもしれませんが、直感的に操作できるつくりになっているので、そこまで難しくないでしょう。 現在は スマホアプリ版もリリースしているようですが 有料です。 パソコン版は 無料で使用できるので、それで十分でしょう。 甲南大学(神戸)が作成した英語の発音教材• アメリカ英語とイギリス英語の切り替えができる• 日本語で丁寧に解説をしてくれている• 発音以外にも、 リズムや イントネーションについても学ぶことができる こちらは神戸にある 甲南大学が作成した発音用の教材です。 日本語のサイトなので、 初級者にはわかりやすいですね。 口の動きの動画はありますが、舌の動きについては静止画となっています。 解説が丁寧なので、 発音記号を一つ一つ覚えていくのに役立つでしょう。 発音以外にも、リズムやイントネーションについての解説もあり、 英語独特の音の変化なども学べるのでとても参考になります。 さらに、音声は アメリカ英語と イギリス英語の両方があり、 切り替えられるようになっています。 どちらの英語をよく聴くかによって使い分けできるのも嬉しいですね。 単語を入力して、単語ごとの 発音を一つ一つ確認できる• 上記3つのサイトで発音を学んでから、 確認用で使用するとよい• 発音が難しい単語などはこのサイトで確認するのがおすすめ こちらは発音の練習用というよりは、どうしても発音がわかならくなったときの補助用として使うといいです。 単語を入力すると、その発音を聴くことができるほか、その単語を含んだ 例文を聴くことができます。 まとめ 今回は上記4つのサイトを紹介させていただきました。 ある程度理解ができたら、アイオワ大学のサイトを使って、 舌や口の動きを練習して自分のものにしていくといいです。 そして、少しずつ発音に慣れてきたら、リスニング教材や映画・海外ドラマのセリフを真似してたくさんアウトプットすること。 これが大事です!.

次の