英語絵本。 【Kindle】英語で学ぶ!子供向けの絵本・児童書

【英語絵本おすすめ10選】はじめての読み聞かせに!

英語絵本

絵本の「易しさ」が英語教材として優れている 英語を学ぼうとも思って早々に挫折してしまう、その大きな要因は「英語がまっっったく分からない」という絶望感と、読めるようになる気がしないという徒労感です。 分からない文章や単語は辞書で引いて意味を確認するけれど、最初のうちはキリがない。 単語の意味を調べていると文章全体の内容を見失ってしまう。 そんなことを続ければ、読める気がせず挫けてしまうのも仕方ありません。 その点、絵本は単語や文法も分かりやすく、内容も把握しやすく、敷居が低いため英語初心者にとってとっつきやすさがあります。 もちろん絵本だって立派な勉強法です。 単語も表現も文法も分かりやすく学べる 絵本は基本的に子供向けに書かれた児童書です。 用いられている言葉や表現は基礎的な語彙に限られ、文章もシンプルな単文ばかり。 絵本ならではの擬音表現や詩的な表現が含まれることもありますが、挑発的な複雑で難解な表現とはほぼ無縁です。 挿絵から視覚的に学べる 絵本の特徴である挿絵は、文章の記述の視覚的イメージ形成を補助してくれます。 英語はビジュアル化して理解せよ!という学習法のセオリーがありますが、絵本は正にこれを地で行く教材です。 絵本にも場面が想像しにくい描写が出てくることはあります。 そんな場面に挿絵が入ります。 挿絵を見れば、この英文はこういう事を言ってるのかという察しがつきます。 そして、表現とイメージが結びつき、表現の把握・定着の度合いが強化されます。 生活文化や考え方も学べる 絵本は、言葉を学ぶ要素や想像力を育む要素に加えて、物語の背景となる文化も学べます。 登場人物の行動や持ち物は、その物語の誕生した国(あるいは時代)の雰囲気を多かれ少なかれ宿しているものです。 たとえば外国の子供部屋、小学校の定番ランチ、悪いことをした時の罰、イタズラに成功したときの喜び方など。 文章からは見出しにくくても、挿絵が教えてくれます。 無料で英語の絵本が読めるオススメサイト 絵本を絵本としてじっくり味わうなら、書籍として入手するに越したことはありません。 丁寧に制作された絵本の雰囲気は、手元にあるだけで心がホンワカすること請け合い。 とはいえ、洋書を何冊も購入するのは大変です。 ウェブ上には無料コンテンツとして絵本を公開しているウェブサイトがいくつかあります。 上手に利用すれば、手軽な教材コンテンツとして、絵本選びのサンプルとして、あるいは勉強中の息抜きとしても、長く役立ってくれるでしょう。 BrillKids 初級:幼児向け絵本 幼児向けの絵本を電子書籍として無料でダウンロードできるサイトです。 絵本は印刷も可能です。 日本でもよく知られている「三匹の子豚」(The 3 Little pigs)などの絵本コンテンツも閲覧できます。 よく知っている話を英文で読み直すことは英語学習という点でも恰好のの学習法です。 絵本はボランティアによって提供されています。 易しい絵本から難しいストーリーまで、幅広く用意されています。 青少年向け(For Young Adults)の各ストーリーは、とりわけ分量も豊富で内容的にも読み応えがあります。 音声付きコンテンツもあり、まずは耳から英語のロングストーリーに慣れていくのも良いでしょう。 幼児向け(Books for Young Adults)の何冊かには、量が多くて朗読付の物もあります。 自分のレベルに合わせて朗読を聴くと良いリスニングの練習になります。 初級~上級:幼児向け絵本~大人向け小説・学術書まで 著作権切れ(パブリックドメイン化した)書籍を無料で公開しているウェブサイトです。 サイト自体は絵本に限らず小説・歴史・戯曲など多岐にわたるコンテンツを公開しています。 絵本は の一覧などから辿れます。 「ピーターラビット」「赤ずきん」「アラビアンナイト」「イソップ寓話」といった、古いけど著名な絵本コンテンツがたくさん見つかります。 安価で購入オススメ絵本 また、日本でも有名な作品を実際に買って読むという手もあります。 ネット通販のサイトでは、たいていのものは安いもので100円から、高くとも1000円で購入することができます。 いわゆる有名どころの作品はもちろん海外でも有名です。 英語版のタイトルが分かれば、見つけることは容易です。 腹ペコ青虫 ( the Very Hungry Caterpiller)• ピーターラビット ( the Tale of Peter Rabbit)• ジャックと豆の木 ( Jack and the Beanstalk)• 醜いアヒルの子 ( The Ugly Duckling)• うさぎとかめ ( The Tortoise and the Hare)• 三匹の子豚 ( The Three Little Pigs)• 北風と太陽 ( The North Wind and the Sun)• あかずきん ( Little Red Riding-Hood)• シンデレラ ( Cinderella)• 眠れる森の美女 ( Sleeping Beauty)• 実際に手元に本があると、読みたい気持ちは高まるものです。 モノを座右に置くというのも、ある意味りっぱな勉強法です。 絵本はもちろん年齢を問わない学習法 絵本の典型的イメージに「子供騙し」のような要素を見出す方もいるでしょう。 たしかに、そういう種類の絵本もあります。 他方、絵本の中にも良質な絵本、もたくさんあります。 絵本選びは絵本を使った学習法の最初の重要なポイントです。 絵本は幼時の印象と深く結びつくものでもあります。 もし自分が幼い頃に読み聞かせてもらった絵本の英語版が見つけられたなら、幼少時の記憶を思い起こしつつ、他方では新鮮な気持ちで、楽しく学ぶことができるでしょう。 お子さんのいる方はぜひ英語の本を読み聞かせてあげてください。 お子さんが耳で英語に接する良いキッカケとなります。 読み聞かせることで発音の練習もできます。 (聞かせる相手がいるといないとでは心境が大違いですし、発音ヘタでも受け入れてくれる幼児は恰好の相手です) 独身の方は、いずれ授かる子供のために絵本の読み聞かせをイメトレしてみてはいかがでしょうか。 やはり読む際の心持ちが変わってくるのではないでしょうか。 効果的な読み方 絵本を使った学習法は、やはり 読むこと(音読)が大きなコツといえます。 声に出して読む 絵本を構成する文章は 音感がとても重視されています。 モッサリ黙読して終わりとしてしまわず、声に出して明朗に読み上げてみましょう。 英語のリズム感の、凝縮されたエッセンスのようなものがきっと感じ取れるハズです。 音源つきの絵本は、子どもに正しい英語を聞かせて学ばせることを意識した丁寧な英語の読み方を学べます。 発音の仕方や音の強弱だけでなく、息継ぎの箇所や感情の込め方(声音のニュアンス)なども大いに参考になるでしょう。 リスニングやスピーキングの学習法としてもよい教材になるというわけです。 挿絵として使われている絵の中のものを英語で言ってみる 受験英語の影響もあってか、少し難しい単語は知っているが、生活に根ざした、例えば裁縫用の糸は など、実はあまり知られていない単語が挿絵の中には多く登場します。 分からないものは調べて、すでに知っているものも口に出すことでボキャブラリーを増やしましょう。 形容詞単語帳を作る 何かを表現するとき、 や と言っても何の問題もありません。 しかし、それらばかりを使っていると何か物足りなく感じるかもしれません。 絵本では使いやすくて分かりやすい形容詞が多く登場します。 や 、 などです。 これらを単語帳にして形容詞表現を増やしましょう。 状況に応じて自分に合った教材を選ぼう 絵本といっても内容はさまざまです。 ファンタジー色の濃いものから、昔話、寓話、日常生活を切り取ったものまで、多種多様です。 絵本とひとくくりにしてしまわず、興味の持てる内容の本を選びましょう。 絵本の中にも文章の難度の違いがあるという点も、絵本選びの際には意識しておくべきでしょう。 絵本以外の勉強法のほうが合うという場合もある また、「初学者だから絵本で」という考え方が一概に太鼓判を押せない場合もあります。 英語の知識の程度によっては、絵本などよりもむしろ、ある程度しっかりした場合もあります。 何しろ学術書は合理性・整合性・現実性を主眼とする文章です。 いくらか文法やボキャブラリーを身につけている方は学術書の法が読み応えを感じやすいかもしれません。 「万人が絶対に効果の出せる勉強法」のようなものは、さすがにありません。 絵本はかなりオススメできる学習法ではありますが、も決して引けを取りません。 これはと思える学習法を見つけるための準備・検討は、早計にならず、ある程度の労力を割いて判断するだけの価値があります。 いろいろな学習法を比較して自分にとっての最適な学習法や教材を選び取りましょう。

次の

英語の絵本のおすすめ12選◇読み聞かせナンバーワンはやっぱりコレ!

英語絵本

絵本は英語では picture bookです。 My little cousin is really into picture books now, 私の小さいいとこは絵本ブームなので、 so whenever I see him I always read him a picture book. 会うたびに必ず絵本を読んであげるの。 日本語でよく、ブーム やマイブーム、と言いますが、実はそれって 和製英語なんです。 料理にハマっています。 〜参考までに! Books with only pictures or illustrations are usually for children, so it's ok to call them children's books. We can assume that they have all or mostly pictures in them. A picture book can be a children's book too but not necessarily. Kids tend to prefer picture books that are only pictures and no words. We can also call the pictures illustrations, but we don't say illustration books, we say the book has illustrations only, which are usually either paintings or drawings. We also say photo album, but that is usually for person photos gathered together in a book. Kids like those too, but they are not technically books. 絵やイラストだけの本は普通子ども向けですから、これらは children's book と言うこともできます。 本の全てまたはほとんどが絵であろうと分かります。 picture book は children's book のこともありますが、必ずしもそうとは限りません。 子どもは、絵だけで文字のない picture book(絵本)を好みます。 絵(picture)のことは illustration とも言いますが、illustration book とは言いません。 "the book has illustrations only"(その本はイラストだけだ)のように言います、これには普通絵が描かれています。 photo album とも言いますが、これは普通本にまとめられた個人の写真を言います。 子どもはこうしたものも好きですが、厳密に言えばこれらは本ではありません。 You want to know what you call a book with many pictures, usually for children In Japanese the word is "ehon" which literally means "picture book. " In the UK, a picture which gives further meaning or clarity to the text is known as an 'illustration'. The correct name for a book with pictures is 'an illustrated book'. However, the genre of illustrated books may range from children's story books to scientific reference books or books about art. "John's at the library looking for an illustrated book about fly fishing. " 絵がたくさん描かれた、普通は子どもが読む本を英語でどう言うのか知りたいということですね。 日本語では「絵本」と言うと。 イギリスでは、テキストを補う「絵」は 'illustration'(イラスト)と呼ばれます。 「絵本」の正しい言い方は 'illustrated book'(絵本)です。 ただ、'illustrated book' のジャンルは童話から科学参考書、あるいは芸術に関する本まで多岐にわたります "John's at the library looking for an illustrated book about fly fishing. " (ジョンは図書館でフライフィッシングの絵本を探している) If you want to know what to call a "ehon" in English, you can call it a "book with lots of pictures" or a "children's book". A children's book is normally a book filled with lots of pictures and colors and if very easy for kids to read. You can use it in a sentence by saying something like "I love that children's book, it is one of my favorites. 絵本は英語ではpicture bookと呼ばれます。 このタイプの本は、3〜8歳が主に対象です。 3歳未満の子供には、board books「ボードブック」があります。 Board booksは紙ではなく段ボールでできており、耐水性さえあります。 子供向けのもう1つの一般的なタイプの本はfairy tales「おとぎ話」です。 My cousin recently loves reading picture books. 私のいとこは最近、絵本を読むのが大好きです。 I often read picture books with my cousin. 私はよくいとこと絵本を読みます。 Picture books are a great way for children to learn, because they allow children to make links between the pictures and the text. It is also common for children to read comics which have a lot of pictures in them.

次の

10冊の英語絵本から始まる、英語大好き人生

英語絵本

子どもの豊かな感受性や、情緒、好奇心などを育ててくれる、絵本。 楽しい読み聞かせの時間は、子どもの健全な成長に欠かせませんよね! そんな絵本を「英語教育にも取り入れることができたらなぁ。 」と思っている、熱心なママパパも少なくないでしょう。 しかし、英語絵本は決して安くないのが現実!5、6冊購入すると1万円を超えた!何てこともよくある話です。 そこで今回は、値段を理由に購入をためらっているママパパへ朗報をお届け! 何と、英語絵本を「無料」で入手できる、素敵なサービスがあるのです。 無料絵本の紹介はもちろん、絵本が子どもの成長に欠かせない理由など、その素晴らしさも存分にお伝えします。 幼児期の豊かな絵本経験は、お子様の未来に繋がる心の栄養! このページが、沢山の英語絵本と触れ合えるきっかけになれば幸いです。 1、幼児期から英語の本に触れてみよう 「幼児期から英語の絵本?早すぎない?」いいえ!決してそんなことはありません。 英語絵本を読むメリットをお伝えします! (1)豊かな心を育む 日本語・英語に限らず、子どもに絵本を読んであげることは非常に良いこと! 読み聞かせは、言語能力はもちろん、感受性や情緒、想像力や思考力など、あらゆる感覚に良い影響を及ぼすことが分かっています。 3歳までに読み聞かせを行った子どもは、学業の成績などが良い傾向にあった!という研究結果もあるほどです。 子ども達の健全な成長に欠かせない読み聞かせですが、実は「英語絵本」の読み聞かせには、さらなるプラスの効果も期待できると言われています! (2)英語の土台を作る プラスの効果その1!英語絵本は、英語の「土台作り」に最適です。 何度も読み聞かせてあげることにより、英語特有のリズムや抑揚、息継ぎの箇所などが自然に身につくと言われています。 加えて、英語の「音」に慣れるという嬉しい効果も! 日本語 125~1,500Hz 英語 2,000~12,000Hz こちらは、日本語と英語の周波数の違いを示した表です。 両者の周波数は、驚くほど異なりますよね! もうお分かりかと思いますが、日本語の周波数に慣れてしまうと、いざ英語を学ぼうとしたときに全く聞き取れない!という事態になり兼ねません。 つまり、何の「土台」もない状態で英語のリスニングに挑むのは、とても難しいことを意味しているのです。 幼い頃の英語絵本の読み聞かせで、お子様に「英語の土台」を作ってあげましょう! (3)英語を視覚的に捉えることができる プラスの効果その2!英語絵本は、視覚的に英語を捉えることができます。 当たり前ですが、絵本には挿絵がありますよね! そのため、全く英語が分からない子どもでも、絵を頼りに内容を推測することができるのです。 推測しながら内容を理解するという作業は、知らず知らのうちに脳を鍛えてくれる頭の体操! 何度も読んであげるうちに挿絵と英単語が結び付き、成長と共に綴りが分かるようにもなりますよ。 ただしそれには、ちょっとした工夫が必要。 これからご紹介する、英語絵本を読むためのコツを参考にして下さいね! 2、子どもが英語の絵本を読むためのコツとは? 英語絵本の効果を最大に発揮するための、ちょっとしたコツをお伝えします! (1)簡単な絵本からスタートしよう 英語絵本には様々な種類がありますが、いきなり長いストーリを読んであげるのはオススメできません。 まずは読み聞かせ自体に慣れるためにも、短い絵本、挿絵や単語が主な絵本などがオススメです。 また、視力が成長段階にある低月齢の赤ちゃんには、カラフルな絵本やリズミカルに読める絵本などがピッタリですよ! (2)親の膝の上に座らせよう 絵本を読み聞かせる時、お子様をどこに座らせていますか? ママパパと、隣り合わせや対面で座って読み聞かせる方法もありますが、膝の上に座らせてあげるのもオススメですよ! 読み聞かせをしながらスキンシップをとったり、スリリングなシーンでは膝をガタガタ揺らしてみたり、より深いコミュニケーションをとりながら読み聞かせをすることができます。 また、子どもの様子がよく分かるため、絵本に飽きた時の次の一手を講じやすいのも大きなメリット! 次のページをめくってあげたり、子どもの好きな挿絵に興味を向けるなど工夫してみましょう! (3)ゆっくりと抑揚をつけて読もう 英語絵本を読む時、ゆっくりと抑揚をつけて読んであげましょう。 英語には、独特のリズムや強弱などの抑揚があるため、それを意識することで、子どもが英語に慣れることができますよ。 (4)英単語にサラッと触れよう 英語の絵本の読み聞かせに慣れてきたらチャレンジ!少しで良いので英単語に触れてみましょう。 dog 、cat、appleなどの分かりやすい単語や、子どもが興味を示した挿絵の単語を指差し、「〇〇って読むんだね!」と、サラッと触れる程度で構いません。 しつこく単語を教えると、英語の読み聞かせが「勉強」になり、子どもが絵本嫌いになってしまうことも。 子どもの様子を見ながら少しずつ英単語に慣らしていけば、いつの間にか読める単語が増えますよ! (5)無理に最後まで読まなくてもOK! 英語絵本を単調に読むだけでは、子どもが飽きてしまうことがあります。 そんな時は以下の方法を試してみてくださいね。 挿絵だけ見ながら、絵本をパラパラめくってあげましょう。 「この子泣いてるね!」など、子どもが発言した時はチャンスです!すかさず、「そうね、He is crying!」など、英語で語り掛けてあげましょう! 3、無料で英語の本を入手できるオススメのサイト お待たせしました!無料で英語の絵本を入手できるサイトを、ご紹介していきます。 これからご紹介するサイトの中は、読み聞かせ音声が付いた絵本も沢山あるため、英語が苦手なマパパにもオススメです! (1)FREECHILDRENSTORIES.COM (参考:) こちらは、3歳~10歳くらいまでの子どもが楽しめる本を、無料で読むことができるサイトです。 1ページずつスクロールして読んであげるタイプの絵本は、印刷するといつでもすぐに読めて便利! 動画で読み聞かせてくれるタイプの絵本は、英語が苦手なママパパの強い味方!もちろん、読み聞かせの音声はネイティブです! (3歳~5歳の絵本のダウンロードはこちら:) (5歳~8歳の絵本のダウンロードはこちら:) (8歳~10歳の絵本のダウンロードはこちら:) (2)brillbaby (参考:) こちらは、幼児向けの絵本を無料でダウンロードできるサイトです。 実はこのサイト、Hans Wilhelm氏という絵本作家の方が、自らの作品を無料で公開しているページ! PDFファイルをダウンロードして印刷すれば、手作りの絵本もすぐに完成しますよ! 子育て世代には、本当に有難いサイトですね。 (絵本のダウンロードはこちら:) (4)デジタル絵本サイト (参考:) こちらのサイトは、紙芝居のような感覚で絵本が楽しめます。 嬉しいのはその音声!何と、日本語と英語の両方を聞くことができるのです!日本語の後にもう一度英語を聞いてみると、内容の理解も深まりそうですね。 手描きで温かみのある挿絵も、魅力です! (絵本のダウンロードはこちら:) (5)学研のえほんやさん iPhone・iPadのみ対応 価格:無料 課金有り (iPhone・iPadの方はこちら:) こちらは、無料で絵本を楽しめるアプリです。 アプリの良いところは、何と言っても気軽に持ち運べる点!携帯やタブレットを用いて、いつでもどこでも膝の上で絵本タイムを満喫できます! 全ての絵本が日本語と英語の二か国語対応のため、まずは日本語で楽しんでから英語にするなど、お子様の気分に合わせて切り替えることができますよ。 4、図書館を有効に使おう (1)英語絵本は図書館にもある! あなたは普段、図書館を利用していますか? 忙しくてなかなか足を運べない!というママパパもいるかもしれませんが、実は図書館では英語絵本も沢山取り扱っています。 東京都立多摩図書館 都立多摩図書館は、都内の子どもの読書活動を推進しており、乳幼児から高校生まで楽しめる本を数多く揃えているのが特徴です! 海外の子どもの本も、何と24,000冊所蔵されています。 (参考:)• 大阪府立中央図書館 府立中央図書館の中にある「こども資料室」には、子ども向けの本や雑誌が集められています! イギリス、アメリカの英語絵本はもちろん、世界の四十数ヶ国の絵本が約10,000冊も所蔵されていますよ。 (参考:) このように、大きな図書館には、必ずと言っていいほど英語の絵本も所蔵されています。 お住まいの地域の図書館にも、英語の絵本がきっとあるはずですよ! (2)お目当ての英語絵本はLibronで検索! (参考:) 図書館に行ったのに、お目当ての絵本の蔵書がなかった!このような経験はありませんか? 忙しいママパパにとって、時間のロスはもったいない!そんな時は便利なウェブアプリ、Libronを活用してみましょう。 Libronは、Amazonのページから、最寄りの図書館の蔵書を検索できる便利なアプリ。 お目当ての絵本が貸し出し中の場合は、貸出予約ができる他、他の図書館で借りることができないか、調べることができる優れもの! Libronさえあれば、お子様のお気に入りの英語絵本も、気軽に調べることができますね。 Libronを利用して、スマートに図書館を利用してみてはいかがでしょうか? まとめ 子どもにとって良いこと尽くしの英語絵本! 高いお金を払わずとも、無料サイトやアプリ、図書館などを利用すれば賢く入手できそうですね! 是非お子様と一緒に、穏やかで優しい「英語絵本タイム」を満喫してみてくださいね。

次の