シルク スクリーン と は。 シルクスクリーン

シルクスクリーンの露光機を自作してみよう!

シルク スクリーン と は

2017. 02 本格的なオリジナルTシャツが自作できると人気の、シルクスクリーン。 自分で好きな柄をTシャツにプリントできると楽しいですよね。 しかも、版を作ったら何枚も同じ柄のTシャツができるので、仲良しグループやイベントで、お揃いTシャツとして使えます。 でも、版を作るのは難しそうだし、キレイに柄を写せるか心配ですよね。 そこで今回は、私が初めてシルクスクリーンでTシャツを自作してみた手順と、失敗しやすい注意点をご紹介します。 シルクスクリーンとは シルクスクリーンとは、メッシュにインクが通過する部分としない部分の版を作って、Tシャツに柄を写す孔版画の1つです。 昔はシルクを使っていたことからシルクスクリーンと名前がついていますが、現在はメッシュ(網目)を使った版画をシルクスクリーンと呼んでいます。 自宅でシルクスクリーンをする方法は、下記の3つです。 間接法: 露光でメッシュに柄を写す方法• ブロッキング法: インクを通過させるに部分とさせない部分に特殊な液体を塗る方法• カッティング法: シートを切り抜いて柄を作る方法 どの方法にするかで、使うメッシュや液体が変わってきます。 シルクスクリーンの自作プリントってどんなものがあるの? 自宅でシルクスクリーンをする場合、1番よく使われるのがTシャツくんシリーズです。 ウッドフレーム(100均) 枠を使うだけなので、コルクボードや刺しゅう枠でもOK。 ただし、枠の内側のサイズはスケッパーより大きいものにしないと、インクをのばせません。 Tシャツくん専用インク 100均の絵の具を使う場合は「シルクスクリーンメディウム」と混ぜて印刷用インクにする必要があります。 今回は、コストと手間と仕上がりを考えて専用インク(100g 540円)を使うことにしました。 カッティングシート(100均) シルクプリントでインクを塗り分けるのに必要なシートです。 枠よりも大きめのサイズを選びましょう、しっかり貼付けられて汚れにくいので作業しやすいです。 メッシュ生地 今回は自宅にあったハギレを使いました。 テトロンメッシュは手芸屋さんか画材屋さんで、1,000円以下で手に入ります。 メシュ生地は目が細かすぎるとインクが浸透しにくいので注意しましょう。 最初は60か80メッシュがおすすめです。 手持ちのメッシュでする場合は、いらない布でインクが写るか試してみるといいですよ。 スクイージーかスケッパー(100均) 100均のお菓子用か掃除用のスケッパーを使います。 上の写真内にあるピンク色のゴムヘラみないなものです。 カッター デザインナイフがあれば切りやすいです。 100均の工作コーナーなどにも置いています。 上の写真内にあるオレンジ色のペンシルような刃先が細く、細かい作業に向いているものです。 タッカー タッカーがあればラクですが、ホッチキスやボンドでも大丈夫です。 上の写真内にある赤いホチキスです。 上から押し付けて打ち付けるタイプのものです。 2.シルクスクリーンのプリントに使うイラストの準備 今回は、著作権フリーのからパンダのイラストを選びました。 ひび割れもせず、しっかりと生地にインクが残っています シルクスクリーン自作Tシャツのメリット、デメリット シルクスクリーンTシャツを自作して大変だったのは、カッティングシートのカーブや細かい部分の切り抜きです。 メッシュ生地とカッティングシートの貼付けも難しく、インクが垂れたりかすれたりしてしまいました。 メッシュ生地を貼った枠を買うか、露光で柄を写せるメッシュを使えば、もう少しキレイに仕上がったかもしれません。 メリット 好きなデザインが何枚も作れる 自分で好きなデザインのTシャツが作れて、1つの版で同じ柄のTシャツを何枚も作ることができます。 Tシャツの好きな場所にプリントできる 背中や裾など、好きな場所にシルクスクリーンプリントできます。 お揃いにもできる 気に入った素材のTシャツを選ぶことができて、バッグなどとお揃いにもできます。 柄を色違いにしたTシャツも作れます。 デメリット 失敗するとやり直せない 色をつけるのを 失敗するとやり直しができません。 カッティングシートを切り抜くのが大変 切り抜くのに思っていた以上に時間がかかります。 細かいデザインや文字などは、切り抜きを失敗しやすいです。 1色ずつしか刷れない シルクスクリーンは、1色ずつしか印刷できません。 カラフルなデザインは何枚も版がいるため不向きです。 シルクスクリーンTシャツをもっとたくさん作りたい! 「グループでメンバーのお揃いTシャツを作りたい」「オリジナルグッズを作って販売したい」そんな方には、TMIXの印刷をおすすめします。 TMIXのデザインエディタは、iPhoneなどのスマートフォンにも対応しているので、グループでお揃いTシャツを作る時も、みんなの意見を聞きながらデザインを決めやすいですよ! しかも、 専門の職人が1枚ずつ丁寧に印刷するので仕上がりが美しいんです!もちろん、 使われるインクは耐久性があるので、洗濯で剥がれる心配もありません。 無料会員になれば、グループのマークを使ってオリジナルTシャツを作ったり、自作イラストでオリジナルグッズを作ったり、ということもできます。 TMIXのは、• クオリティにこだわりたい• 色数は少なくていい• オリジナルTシャツを30枚以上作りたい という方にピッタリのプリント方法です! TMIXのおすすめシルクスクリーン商品 プロモーションTシャツ|5806-01|UnitedAthle ユナイテッドアスレ レイヤードポロシャツ|195-BYP|Printstar プリントスター ドライスウェットパーカー|P3010|wundou ウンドウ デニムトートバッグ|3970-01|UnitedAthle ユナイテッドアスレ キャンバスフラットポーチS|TR-0822-008|MARKLESS STYLE マークレススタイル シルクスクリーン印刷対応商品は900商品以上、 定番のシルクスクリーンTシャツは1枚当たり573円から販売しており、タンブラー・法被・スポーツユニフォームなど、 他社でできないユニークな商品も取り揃えております。 商品と価格一覧•

次の

シルクスクリーンの露光機を作ってみた

シルク スクリーン と は

概要 [ ] 孔版画の「孔」とは「突き抜けた穴」の意味である。 孔版画にはたくさんの種類の技法が存在するが、特に歴史が長くよく知られているものは、ステンシルと、ここで説明するシルクスクリーンである。 一般的には、透けて見えるような網目の布のことを、英語では : screen または : mesh と呼び、日本語では「」と呼ぶ。 しかし孔版画の世界の言葉では、英語でも日本語でも、版に使う網目の布のことを(mesh)と呼ぶことのほうがスクリーン(screen)と呼ぶことよりも多い。 昔はの布が孔版画のメッシュの材料として使われたが、現在ではさまざまな材質のメッシュが使われる。 絹は耐久性に欠けるため、が実用化された後は、やなどの合成繊維の布が孔版画のメッシュの材料として使われるようになった。 ちなみには商品名(名)であり、である。 金属製のメッシュを孔版画のスクリーンとして使用することもある。 糸と糸の間の隙間がある絹の布は英語で silk screen (シルクスクリーン)または silkscreen (シルクスクリーン)だが、silk screen を使った孔版画の技法は英語で silk screen printing (シルク・スクリーン・プリンティング)またはsilkscreen printing (シルクスクリーン・プリンティング)と言う。 しかし、現代は絹は孔版画に使われないので、スクリーンを使う孔版画の技法は、英語で screen printing (スクリーン・プリンティング)または serigraphy (セリグラフィ)と言う。 screen print または serigraph とは、 screen printing または serigraphy と呼ばれる版画の技法を使って作られた版画作品を呼ぶ言葉である。 日本の印刷業界でも、「シルク」という言葉を取り除いて、スクリーン印刷と呼ぶ機会が増えている。 もともとは、スクリーンの意味もメッシュの意味も網であるが、版画の世界では、メッシュを張った枠の全体をスクリーンと呼ぶことがある。 1930年代に、National Serigraphic Society という芸術家の団体が Serigraphy という新しい言葉を作った。 その造語の目的は、当時スクリーン印刷という技術が商業的・工業的な産業として扱われていて、スクリーン印刷は芸術作品を作る手段としては全く認知されていなかったため、芸術の表現としてのスクリーン印刷を Serigraphy と呼ぶためだった。 Serigraphy の Seri はで絹を意味する言葉である。 メッシュにインクが染みださない領域を作ることを、「目止めをする」と言う。 A:インク B:スクイージー C:イメージ D:版 E:スクリーン F:印刷イメージ 典型的な印刷方法は、製版された版のメッシュと紙を密着させ、製版された版のメッシュの上にインクを置き、(: squeegee、日本ではスキージーと呼ばれることも多い)をメッシュの上に強く押し当てて、メッシュの全ての面に渡って、一定方向に動かすことで、インクがメッシュの穴を通して紙へ押し出される。 枠に張ったメッシュの、印刷の対象物(紙や布など)と接する側の面を、英語で substrate side と呼び、日本語ではさまざまに呼ばれるようである。 substrate には、「下層」、つまり下にある平らな物という意味がある。 また、それとは反対側の、インクを置いたりスクイージーが接する面をスキージ面と呼ぶ。 印刷の対象物を動かせる場合の、印刷時の物の配置は、紙や布などの印刷の対象物の上にメッシュがあり、その上をスクイージーが動く。 これは、このように配置したほうが、手で力を入れやすいからである。 メッシュの製品の説明でよく目にする、メッシュの数字は、メッシュの網目の細かさを表した数字であり、メッシュ数と呼ばれることがある。 メッシュ数とは、メッシュが、縦糸と横糸がどちらも等間隔で配置されているで織られていると仮定して、1インチ(約25. 4mm)あたりの縦糸または横糸の本数である。 メッシュを使う目的 [ ] インクが通過しない部分が動かないように保持することが、メッシュを使う本来の目的である。 もしメッシュがなかったら、インクが通過する穴の中にインクが通過しない部分を作り、その位置を保持することができない。 例えば、数字の0の字を印刷するための、の版を作る場合を考えると、本来はインクが通るべきなのは二つの大小の楕円で囲まれた領域である。 しかし、中にできる一つの「島」の位置を保持するために、他の部分と結合する「橋」と呼ばれる部分が版に必要である。 ステンシルのこの橋の部分は、インクをつけたローラーで印刷したり、またはスプレーで印刷すると、橋の部分が印刷の対象物に現れる。 橋の部分が印刷の対象物に現れないようにするために、メッシュがそのような橋の役割を担うのが、スクリーン印刷である。 製版の技法の種類とその原理 [ ] 下記のいずれの技法においても、まず原画(下絵とも呼ばれる)を制作してから製版を行うのが普通であるが、そうでない場合もある。 例えば、謄写版またはガリ版では、原画を用意せずに謄写版の原紙に直接鉄筆で文章や図版を手書きすることがよく行われた。 写真製版法 [ ] 光が当たると固まる性質を持つ特殊な化学物質である感光剤とを使って製版する。 販売されている乳剤に、あらかじめ感光剤が混ぜられている場合もあれば、使用者が感光剤と乳剤を混ぜる場合もある。 20世紀初頭に、光が当たると固まる性質を持つ化学物質があることが分かっていたので、そのことを版画に初めて応用したものである。 一応成功を収めたが、使う化学物質が毒性の強いものだったため、後に毒性の低い化学物質でもできるように改良が加えられていった。 写真製版法を行う手順の概略は次の通りである。 透明なやなどの光を透過する支持体に、光を通さないインクを、デザインに従って描画したり、またはやで印刷したりする。 このようにして作成した版下のシートを「ポジ」と呼ぶ。 多色刷りの場合は色の数だけポジを作り、普通は1色1版で製版する。 中間トーンを表現するため、やリスフィルムの使用により処理を施すことがある。 アルミ製、木製などの枠に張ったメッシュにで感光乳剤を薄く塗布し、暗所で乾燥させる。 感光乳剤は主に系のものが使用される。 メッシュにポジを重ね、ケミカルランプを使用した感光機や日光などで一定時間に当てることで、露光させる。 乳剤面に水をかけると感光が止まる(現像)。 露光させたときに光が当たった部分は感光し、硬化した乳剤がメッシュに固着してインクを透過しない膜状となる。 感光していない部分の乳剤は、洗うとメッシュから落ちて、インクを透過する部分になる。 これで刷ることができる状態の版ができあがる。 印刷後は、メッシュを別の製版に再利用するために、感光乳剤専用の再生液で硬化した乳剤を溶かし、洗い落とすことで「落版」する。 謄写版 [ ] 詳細は「」を参照 謄写版はスクリーン印刷より古くにが考案し特許を取得し、同特許に適した原紙を開発した米国のA・B・ディック社がに資器材の販売を開始した印刷技術である。 版となる 原紙と、版を保持する謄写器(印刷器)側の スクリーンに機能が分離している点が後年のスクリーン印刷との違いである。 コロジオン版画 [ ] コロジオン版画は、毛筆謄写版とも呼ばれる。 原理としては、ゼラチンなどを塗布したメッシュ(メッシュの材料に和紙が使われることがある)に、希硫酸の一種の液を筆につけて書くことにより、液のついた部分のゼラチンがなくなり、メッシュだけが残るというものである。 直接法 [ ] 直接法では、透明なフィルムにインクを通したい部分だけ光が通らないように図柄を描いたものを原画とする。 光が当たると固まる性質のある乳剤、または光が当たると乳剤を固まらせる感光剤が混ぜられている乳剤を、メッシュ上に薄く塗る。 原画をメッシュに密着させて露光すると、光が当たった部分の乳剤は硬化し、光が当たらなかった部分は硬化しない。 メッシュを洗うと、硬化しなかった部分の乳剤だけが除去されて、直接法による製版が完了する。 乳剤の輪郭部分を理想的な形状に仕上げるのが難しい欠点があると言われる。 乳剤の輪郭部分が理想的な形状から乖離すると、印刷の対象物にインクの輪郭のにじみのようなものが見えることがある。 間接法 [ ] 間接法では、光が当たると固まってメッシュに定着する性質をもつ感光材を塗った感光性フィルムを用いる。 枠に張ったメッシュを使わずに、感光性フィルムにポジを合わせて露光させ、光が当たらなかった部分だけを除去し、感光剤を感光性フィルム上からメッシュに移す。 直接法と比較すると、乳剤の輪郭部分を理想的な形状に仕上げることが実現しやすい。 印刷の対象物にインクの輪郭のにじみのようなものが見えることは、直接法よりは少ない。 直間法 [ ] 直間法は、直接法と間接法の良い点を取り入れた方法である。 薄い樹脂のフィルムに感光材を一定の厚さで塗った直間法フィルムを、枠に張ったメッシュに合わせて露光させる。 すると、光が当たった部分は硬化し、メッシュに付着する。 ブロッキング法 [ ] ブロッキング法は、水と油が混ざらない性質を利用した技法である。 油性の特殊な描画剤(ツーシェ)を、インクを通したいメッシュの部分に、筆で塗ったり特殊なマーカーで描いたりした後、描画剤を乾燥させる。 乾燥が終わったら、目止めをするために、ヒラーと呼ばれる水性の乳剤をメッシュ全体に塗布する。 すると、水性の乳剤は油性の描画剤が塗られた部分を避けるようにして、メッシュの上で固まって定着する。 乳剤が固まった後、メッシュに付いている描画剤の部分に、油性の「洗い油」と呼ばれる液体を塗ると、描画剤が溶けて除去される。 描画剤が除去された部分にはメッシュのみが残り、描画剤を塗らなかった部分にだけ乳剤が残り、製版が完了する。 なお、この版画の技法を日本ではブロッキング法と呼ぶが、英語においてスクリーン印刷の用語としての「ブロッキング」は、単にメッシュにインクが通らない部分を作る、つまりインクをブロックすることを意味し、技法の名前としては用いられない。 新日本造形株式会社のサン描画スクリーン技法は、この技法である。 カッティング法 [ ] カッティング法では、インクを通さないシートを図柄の形に切り抜き、メッシュに接着剤で貼ることにより製版する。 乳剤は使わない。 カッティング法におけるシートとして、油性の原紙や、水性のフィルムなどが使われる。 プリントゴッコおよびリソグラフ [ ] の事務用デジタル孔版印刷機「」(発売開始)および家庭用孔版印刷機「」(-発売)を使用したスクリーン印刷である。 マスターと呼ばれる専用のメッシュを使用し、プリントゴッコではを、リソグラフでは内部のサーマルヘッドによって製版する。 プリントゴッコを使用して版画表現を行った作品は「新孔版画」と呼ばれた。 刷り [ ] 完成した版を使って刷る作業は、プリントゴッコを除き、どの製版の技法を使っても、ほとんど同じである。 (: squeegee)は、または製の箆(へら)であり、スクリーン印刷専用の物が売られている。 プリントゴッコを使った印刷では、スクイージーやローラーは不要である。 ステンシルでは、スプレーを使って刷ることもできるが、スクリーン印刷ではスプレーをメッシュにかけてもインクがメッシュを通過しないので、使えない。 インクの種類 [ ] 揮発性の有機溶剤を用いる油性インク、水を溶剤とする水性インクがあり、水性インクは乾燥後耐水性となる。 紙の他に布、金属、樹脂など様々な素材に対応したインクがあり、熱を加えることで発泡するインクなど、特殊印刷向けのものもある。 これは一般的にアメリカンラバーといわれる。 グラデーション [ ] プリントゴッコ以外の孔版画は、基本的には1版につき1色のインクを使う。 しかし特殊な方法では、版の上で異なる色のインクを混ぜ合わせてスクイージーを動かすことにより、グラデーションの効果を出した作品を作ることができる。 しかし、スクイージーによってインクが攪拌されるので、複数の回数の刷る作業で、同じ結果にならない欠点がある。 プリントゴッコではスクイージーを使わないので、グラデーションの表現を使う場合の、複数の回数の刷る作業で出る結果の違いの度合いが、スクイージーを使う方法で出る違いよりも小さい。 商業印刷ではなく芸術作品としての版画作品の中で、グラデーションを効果的に使用した作品の例が多数ある。 刷る手順 [ ]• 、などでスクリーン枠の一辺を刷り台に固定し、紙の位置合わせを行って刷り台に見当と呼ばれる目印を付ける。 インクを調色して適切な硬さになるよう溶剤で調整する。 スクリーン枠を浮かせたまま、メッシュの手前の孔の空いていない部分にインクを乗せる。 スクイージーでメッシュ上にインクを手前から奥へ伸ばして、メッシュをインクで濡らすようにする。 印刷の対象物が置いてあるところへ版を下ろす。 スクイージーをメッシュに強く押し当てながら、メッシュ上で手前に一直線に動かす。 すると、インクがメッシュを通って印刷の対象物の上にインクが乗る。 乾燥による目詰まりを防止する(返し刷り)ために、スクイージーをメッシュの奥へ動かしてメッシュをインクで濡らすことを、適宜行なう。 印刷の対象物の数だけ、作業を繰り返す。 刷る作業が終了したら、インクの種類に合った溶剤で版をする。 多色刷りの場合は版を交換して同じ手順を繰り返す。 サイン [ ] 版画作品の場合は、作品の下部に鉛筆でエディションナンバー(限定番号)、作家サインなどを記入することが通例となっている。 利点 [ ] 設備がよりも小規模 製版、印刷に必要な機械・設備が、オフセット印刷よりも小規模で安価である。 これがスクリーン印刷が普及したもっとも大きな理由である。 ただし、版の耐久性はオフセット印刷には劣るので、大量印刷には向かない。 商業向けのスクリーン印刷用の設備は、使わないときにコンパクトにして保管することができず、一般家庭に置くには大きすぎる。 日本の一般家庭に普及したプリントゴッコは、日本の狭い住居に置くにも困らないほどの、コンパクトな大きさだった。 オフセット印刷ではやりにくい対象物への印刷が可能 印刷の対象については、紙や布、その他さまざまな素材への印刷が、適切なインクを選択することにより、可能である。 布に対する印刷は、プリント布地やプリントTシャツの作成など、テキスタイルの分野で広く活用されている。 曲面印刷が可能 木版や銅版と異なり、版自体に柔軟性があるので、少々の曲面であればそのまま印刷出来る。 最近は陶磁器や衣類に精緻なカラー印刷が安価でできるようになっているが、この場合いったん柔軟性のある紙やフィルムに製版され、それが対象に焼きつけられている。 たくさんの版を用意すれば、が可能 原稿が、カラー写真のようなものであっても、元の色を(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色)に一定の方法で分解すれば、4つの版で元の色を再現した印刷が可能である。 いかなる色でもCMYKに分解する場合の方法は、あらゆる原稿に対して、常に一定の方法で行なってもかまわないし、原稿によって変える場合でも、ほとんどの場合、微調整の範囲内である。 ある一つの原稿が単純な配色の図柄である場合は、色が同じ領域だけを取り出して、それぞれの色の版を作れば、多色刷りの印刷が可能である。 多色印刷を行なう場合は、複数の版の位置を正確に合わせて刷らなければならないので、位置を合わせるための何らかの配慮や工夫が必要である。 写真のネガを元に製版することも可能である。 が、写真を原稿にしてスクリーン印刷で製版する手法を芸術作品の作成に使った。 図像が反転しない 版のメッシュを通過して紙にインクが達するため、凸版、凹版、平版といった他の版画技法と異なり、版が鏡像にならない、つまり版の左右が反転しない。 凸版、凹版、平版では、原画を鏡像にしてから、版を制作しなくてはならず、鏡像の版の間違いに気づかないまま刷るといった失敗の原因になりやすい。 シルクスクリーンを活用した芸術家 [ ] シルクスクリーンは、20世紀初頭に芸術の表現方法としての可能性をさぐるように実験的に芸術作品として使われ始めるより以前は、主に商業印刷の目的で広く利用されていた。 1950年代後半以降、シルクスクリーンを使った作品を発表した作家の先駆者として特に有名な作家として、アメリカのとがあげられる。 この2人は、ともにアメリカのポップアートの作家でもある。 ロバート・ラウシェンバーグはキャンバスにシルクスクリーンの技法で写真を転写した。 アンディー・ウォーホルは1960年代に、ポップアートのシルクスクリーン版画作品を積極的に発表した。 そのような先駆者の作品の影響で、シルクスクリーンによる表現方法が、芸術の表現方法の一つとして確立し根を下ろしたと世間に認知されるようになった。 日本人作家では、が1970年代以降、国際的な版画のコンクールや展覧会などで版画を取り入れた作品を発表し、受賞するなどして注目を集めた。 は1974年に開催された第9回東京国際版画ビエンナーレで京都国立近代美術館賞を受賞し、注目を集めた。 は、シルクスクリーンやリトグラフなどの版画作品を発表した。 美術品として売買の問題点 [ ] 美術商の視点からは、複製可能なシルクスクリーン版画は油絵や水彩画などの一点物の絵画よりも希少価値が低いため、比較的安価で売買されることが多い。 ポストカード等で誘引されたギャラリーや展示会の会場などにおいて、美術品の相場価格を知らない人に対して絵画を市場価格と比べて高額な値段で販売しようとする、いわゆるがの一つと言われている。 若者に被害が集中し主に駅前(繁華街)の路上で通行人に「絵の展示会やってます」等と声をかけ店舗に誘い出し高額な絵を強引に購入させるもので2011年には「若者に高額な絵を強引に買わせた」として前やに店舗を構える企業と卸売り業者4社が東京都にされた。 そもそも優良な美術館や画廊の従業員が路上で客引きするのはあり得ないことなのでそういう者を見掛けたら「悪質な企業」と判断し相手にしないのが一番。 もし被害に遭っても「3000円以上の品物」など一定条件を満たせばが利用出来るので直ちにに相談して指示に従うこと。 脚注 [ ]• 『版画の技法と表現』、町田市立国際版画美術館、1987年、14頁(ISBNなし)• Home. earthlink. net. 2012年11月15日閲覧。 Dictionary. reference. com. 2012年11月15日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (乳剤)• 外部リンク [ ]•

次の

シルクスクリーンの露光機を自作してみよう!

シルク スクリーン と は

Tシャツプリントにおすすめの印刷方法は? ネットショップでオリジナルプリントのグッズを販売してみたいとお考えの方や、オリジナルTシャツを作成しネット販売してみたいとお考えの方なら、顧客が満足する品質と実際に運営して利益が生まれるコストパフォーマンスを両立させたプリント・印刷方法を利用することはビジネスの成功に必須です。 オリジナルTシャツの作成・販売に利用可能なプリント・印刷方法は多数存在しますが、その中でも最も一般的な印刷方法が今回ご紹介するインクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーン印刷(シルク印刷)です。 今回は人気のTシャツプリント方法、インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーン印刷(シルク印刷)の違いをわかりやすくご紹介し、オリジナルグッズのプリント・作成・販売でどちらのプリント方法を選ぶべきかをわかりやすくご紹介します。 ご要望の多かった、昇華プリントも含めたTシャツプリント方法比較記事もご用意。 をわかりやすくご紹介しています。 例えば、オリジナルTシャツを1枚から作成する際にどちらのプリント方法がいいのかなど気になる質問が存在するはずです。 シルクスクリーン印刷(シルク印刷)とは?:プリントの仕組み シルクスクリーン印刷(シルク印刷、シルクスクリーンプリント)はメッシュ状の製版 (孔版、シルクスクリーン)を利用してインクを直接Tシャツ等の生地に刷り込んでいく印刷方法です。 まずはインクをデザインが決まった製版に流し込むと、メッシュ状の製版の穴の空いている部分(デザインとしてプリントがされる部分)にインクが浸透し、デザインの形を生み出します。 次にメッシュの製版(シルクスクリーン)にインクが浸透したらスキージと呼ばれる窓拭きワイパーのようなゴムのヘラを利用し、メッシュの製版を生地に押し付けながらスライド移動させます。 生地全体に製版を押し付け終わるとメッシュの製版から滲み出たインクが生地に綺麗に押し出されて印刷がされるという仕組みです。 プリント技術が発達する以前はこのシルクスクリーン印刷(シルク印刷)はオリジナルグッズ等にプリントが行える唯一のプリント方法で、ロゴ入りのプリントTシャツを大ロット注文する際などに広く利用されてきました。 シルクスクリーン印刷(シルク印刷)はそれぞれのデザインの要素ごとに、異なる製版を利用する必要があります。 また、一度に一色のプリントに限定されるので、デザインに複数のレイヤーが含まれている場合はレイヤーごとにプリントをする分、プリントが完了するまでの時間が長くかかります。 シルクスクリーン印刷(シルク印刷)におすすめのデザインは? シルクスクリーンプリント(シルク印刷)は多くの場合シンプルなデザインで、使用する色が少ない際に有効なプリント方法です。 手間はかかりますが、細部までディテールにこだわったタイポグラフィーや、ドローイング、シェイプ、シンボル等のデザインをすることも技術的には可能です。 シルクスクリーン印刷(シルク印刷)はネットショップ運営・ネットビジネスに向いている? シルクスクリーン印刷(シルク印刷)は上記でご紹介の通り、シンプルなデザインで単色のソリッドカラーを利用したデザインをプリントする際に適しています。 ただ、複数の色を利用したカラフルなデザインをプリントしたい際などではコストパフォーマンス等を考えると良い選択ではありません。 シルクスクリーンプリント(シルク印刷)のデメリットは事前に多額のプリント用製版への投資が必要で、実際に製版を作成し始めてから商品をプリントできるようになるまでに長い時間がかかる点です。 また日本でオリジナルグッズのプリントを提供している多くのプリント業者では、必要な最低注文枚数(5枚から100枚)が設定されていたり、1枚からプリントOKと謳っているプリント業者でも1枚限りの注文ではかなりの高額料金(3000円から10000円)が設定されているケースがほとんどです。 プリントの1枚あたりの価格を抑えたいからと、大量に注文をする際には、プリントしたオリジナルグッズが不良在庫となるリスクがあり、結果的に家やオフィスに売れ残った商品の在庫が山積みとなる可能性が付きまといます。 この問題は特にネットショップを開業・運営し始めたばかりの方や、新たなデザインを試験販売したい際などに大きなデメリットとなり得ます。 注文したTシャツ等のプリント商品の価格は、デザインをプリントする際に使用する色の数と、シルクスクリーン印刷(シルク印刷)利用時に使用する製版の必要枚数によって大きく左右されます。 このことから、多くのプリント業者で表示されている価格は最低価格であり、実際の支払い価格はわざわざプリント業者にデザインを入稿し、別途見積もりを出してもらわないといけないケースがほとんどです。 また、いくつかのプリント・印刷業者では、各カラーごとに別々のレイヤーを作成してデザイン入稿をすることを要求されたり、デザインをプリントする際に利用するインクの色コードの詳細を別途求められることも発生します。 このように、注文時にプリント業者との細かいやりとりが発生するので、 デザインを簡単に入稿して商品をプリント・作成したい方にはシルクスクリーン印刷(シルク印刷)は向いていません。 また、環境に配慮したブランドの運営をしている方にも的確な選択とは言えません。 シルクスクリーン印刷は大ロット注文に合わせたプリント方法である為、商品を作りすぎる可能性があります。 仮に売れ残ってしまった場合は、廃棄処分され、焼却や埋め立てでの処分は環境汚染の一因ともなります。 更にシルクスクリーン印刷ではプリント時に大量の水を消費する他、生分解をしないプラチゾールインクが使用されているケースも。 現在大きな社会運動となっているサステナブルなファッションを取り入れている方であれば、シルクスクリーン印刷は避けるのが無難な選択です。 インクジェットプリント(DTG)とは?:プリントの仕組み インクジェットプリント(DTG — ガーメントプリンター)は、名前の通りインクジェットのプリント技術を利用し、Tシャツに直接インクを吹き付ける方式です。 この印刷方式はTシャツに限らず通常の紙媒体の印刷で広く利用されています。 ガーメントプリンター(DTGプリンター)とも呼ばれる衣類専用の特殊なプリンターを利用すると、衣類にデザインを直接プリントすることが可能です。 紙にインクでプリントがされるのと同様の仕組みで、衣類の生地にプリントが施されるという初心者にもわかりやすい大変シンプルなプリント方法と言えます。 インクジェットプリント(DTG)におすすめのデザインは? インクジェットプリント(DTG)は色の選択肢が豊富なプリント方法なので、写真等の風景画像や、細部までディテールにこだわったデザインのプリントも色数の制限なく行うことが可能です。 例えばオリジナルのブランドで新たなデザインで新商品を販売したい際や手軽に新色商品を追加してみたい際などに、このプリント方法は大変便利と言えます。 インクジェットプリント(DTG)はネットショップ運営・ネットビジネスに向いている? インクジェットプリント(DTG)はオリジナルグッズを実際に顧客に販売する際に最も簡単でスムーズな方法と言えます。 (プリント・オン・デマンド)の仕組みを利用すれば、受注生産のシステム、顧客から注文が入った際のみ商品がプリント・製造されるので、事前に大ロット注文をする必要がありません。 インクジェットプリント(DTG)はデザインの全てを一度にまとめてプリントすることが可能です(ただし、暗い色の生地に印刷を施す際は白インクで下地レイヤーをまずプリントする必要があります)。 インクジェットプリント(DTG)で利用されるガーメントプリンターには利用可能な色数に制限がありません。 実際に商品をプリントする際に長い時間をかけてプリント用の製版等を準備する必要がないので、一度すれば、注文した商品がガーメントプリンターですぐにプリントされます。 このプリント方法を利用してオリジナルTシャツ等を作成・販売する場合は、のシステムなので損失のリスクを避け新たなデザイン、新商品を気軽に市場に投入することが可能です。 仮に売上が思わしくなくても、ショップのラインナップから削除するだけでOKなので、手軽に販路の拡大を試すことが出来ます。 次にインクジェットプリントでは環境に更に配慮したサステナブルなビジネスモデルの運営が可能です。 実際に購入者が商品を注文した際のみに商品にプリントがされる為、在庫過多になることがなく、売れ残りの在庫を処分したりする必要がないのは大きなメリットです。 更にインクジェットプリント(DTG)は最新の印刷技術であるゆえ、業界全体の環境面での配慮も進んでいます。 一例としてPrintful(プリントフル)と印刷機器面で協業を行なっている企業のKornit(コーニット)では、販売するプリンター向けにほとんど廃棄用水を出さず、省電力、二酸化炭素排出量を削減した技術を採用しています。 環境保護に向けた運動が活発な現在、こういった環境面に配慮をした「」の流れを取り入れることは、消費者からも好感触を受ける決断と言えます。 インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーン印刷(シルク印刷): Tシャツプリントに適しているのはどっち? インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーン印刷(シルク印刷)はどちらも高品質のプリント方法です。 主な違いが冒頭でご紹介したプリント方法の仕組みの違いとコスト面です。 インクジェットプリント(DTG)は紙のプリンターと同じようにインクをスプレーのように吹き付け、シルクスクリーン印刷(シルク印刷)では生地にインクをレイヤーのように押し付ける技術を利用しています。 またインクジェットプリント(DTG)ではオンデマンド印刷が利用出来る為、受注生産方式で商品を1枚からプリント、ドロップシッピングで販売する際に便利、シルクスクリーンプリント(シルク印刷)では大ロット注文でプリントする際に有効なプリント方法です まだどちらのプリント方法を利用するかお悩みなのであれば、こちらの比較チャートをご確認ください。 また、Tシャツをプリントする際の仕上がりは、生地の違いにも大きく左右されます。 も合わせて確認しておきましょう。 Tシャツに合った適切なプリント方法を選択しよう 等のオリジナルグッズの作成・販売にインクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリント(シルク印刷)、どちらを利用するかは最終的には読者の皆さんのニーズと好みの問題になってきます。 ただしプリント方法を選択する際には下記の項目に特に気を付けてプリント方法を決めることをおすすめします:• ブランドイメージ• プリントするデザインが複雑なものであるか否か• 必要である商品数(1枚?大ロット?)• 高額な投資をして在庫を確保したいか否か 最も簡単にオリジナルグッズをプリント・販売する方法としておすすめなのは、に対応したインクジェットプリント(DTG)のプリント業者を利用する方法です。 冒頭でご紹介した通り、新商品・デザインをリスクなしで気軽に導入出来、無在庫販売が可能、更に梱包・発送などの手間のかかる作業を全て省くことが出来るので、デザイン作成と宣伝等のマーケティングに専念することができる、ネットビジネスの強い味方です。 また、インクジェットプリント(DTG)を利用し、昨今商品者が敏感な環境面に配慮をした面を強調したマーケティングを行うことも可能です。

次の