第二新卒 大手 it。 第二新卒の転職の現実【人生のコースが変わるけど、まぁ大丈夫】

保存版。「第二新卒OK」通年採用している企業一覧(大手・ベンチャー)

第二新卒 大手 it

新入社員の約三割が三年以内に退社している現状のなか、第二新卒として就活をする人はとても多い。 企業においても第二新卒を受け入れているところも多々あるのだが、新卒に比べてその情報が圧倒的に少ないのが現状だ。 そこで、第二新卒を積極採用する大手優良企業を業種別に紹介させていただく。 今回は、主に自社の公式HP上にて第二新卒採用を明記している企業を中心にまとめてみた。 なお、第二新卒の方は、まずはに登録すべきだ。 優良企業の求人を確認したり、企業からのスカウトを受けたりできるだろう。 自分の市場価値を知ることができるため、転職に興味がある方は勿論、転職に興味が無い方も登録すると良い。 また、余裕がある方は、で情報を見るだけでなく、キャリアコンサルタントにも相談してみよう。 日本一の転職支援実績を持つ、のキャリアアドバイザーにも相談してみようもし、コンサルに転職したいのであればアクシスコンサルティングへの登録が必須だ。 まとめると、転職の際にはには必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用していただくのが最も良い。 Contents• コンサルティング企業 コンサルティング業界は第二新卒を積極的に採用している業界であり、多くの第二新卒者が活躍している。 アクセンチュアなどでは特に、コンサル未経験の第二新卒者も積極採用しており、社内で多数ご活躍している。 企業 職種 公式採用HP ベインアンドカンパニー 戦略・ビジネス・ソリューションエンジニア アクセンチュア 経営戦略コンサルタント ATカーニー 経営戦略コンサルタント CDI 経営戦略コンサルタント IT系企業 近年の産業界への急速なIT進出に伴って、人材不足が顕著なIT業界においても第二新卒への求人は多い。 特に人材不足であるプログラマーやシステムエンジニアについては、需要は高く、今後もより高まってくるだろう。 市場価値を高めたいと考えているのであれば、確実におすすめできる業界だ。 企業 職種 公式採用HP ヤフー エンジニア・IT戦略スペシャリスト・データベースエンジニア サイボウズ エンジニア職・ビジネス職 cookpad エンジニア職・ビジネス職・デザイナー・コーポレート 日本オラクル 営業職・マーケティング職 ミクシィ エンジニア・デザイナー・総合職 銀行・証券会社 企業 職種 公式採用HP 野村信託銀行 総合職 三井住友銀行 総合職 SMBC日興証券 工業系企業 大手メーカーでは第二新卒を採用するイメージはあまりない印象だ。 しかし、ソニーが第二新卒を新卒枠として採用することを発表するなどしている。 JAXAについては、第二新卒を募集するものの、高度な専門的能力を必要とされる特殊な業種と言えるだろう。 表内のシャープは、二年前の経営危機のイメージが強いだろうが、ここ2年で業績を大幅に回復させている。 募集がまだ始まっていないため載せていないが、博報堂は第二新卒募集を昨年の2倍とすることを発表している。 企業 職種 公式採用HP ファーストリテイリング スターバックス 総合職 カルビー まとめ 今回調査してみたところ、大手人気企業のなかで、自社の公式HP上に第二新卒の募集をかけている企業はそれほど多くはない。 もちろん、第二新卒として募集をかけてはいないものの、受け入れている企業も多いため、気になる企業には直接調べてみるのがよいだろう。 何度も言わせてもらうが、第二新卒についての情報はなかなか入っては来ないものである。 もし友人がその会社に勤めていれば、直接聞くのが一番正確な情報を得られる。 そのためにも、企業調査を入念に行い、などの転職サイトや転職エージェントを有効に利用しよう。 とはいえ、いきたい企業に知り合いがいることの方がレアなので、ネットやエージェントを駆使することをおすすめする。 正直、求人サイトとエージェントがあれば、企業調査を入念に行うことは十分可能だ。 は、大手企業も多数利用しており、登録している会員に対してスカウトがくる。 まずはに登録しておこう。 余裕がある方はキャリアコンサルタントにも相談してみよう。 日本一の転職支援実績を持つか優秀層に強いのキャリアアドバイザーにも相談してみよう。 コンサル志望の場合は、アクシスコンサルティングが良い。 には必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用していただきたい。 また、第二新卒の募集は、不定期で募集を出す企業もあるため、頻繁に企業の公式HPや転職サイトをチェックしておきたい。 今日は以上だ。 1位 キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。 大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。 また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。 自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。 2位 コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。 コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。 特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。 どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。 3位 日本一の実績を有する転職エージェントである。 案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。 また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。 特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。 4位 ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。 年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。 特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。 まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。 また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは 5位 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。 丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。 案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。 他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。

次の

第二新卒は大手企業や未経験の職種・業種へ転職するチャンス? 選考突破のコツは?|第二新卒って一体何? ~実は○○しやすい時期だった!?~

第二新卒 大手 it

少子化で人口減を迎えている日本では、人材不足に悩む企業がたくさん存在します。 しかし、いつの時代も大手企業は希望する人材が多いため、楽にパスできる試験とはいえません。 第二新卒の方の中には、「経験があまりない状態で、年齢だけが上がってしまっている」と悲観する方と「第二新卒だからポテンシャル採用してくれるはず」など楽観視する方の両方が存在します。 どちらかだけに偏ってしまうと、前者は絶好のチャンスを逃したり、逆に後者は対策をしておらず転職活動が難航するなどの可能性があります。 第二新卒自体を採用したいという企業が多いという事実と、自分が希望している企業の倍率を想定した上で、冷静に転職活動をすべきか判断しましょう。 大手企業の人気度や倍率、そして不足しているポイントに自分の経験や知識などがフィットするかどうかを検討した上で、転職成功に必要な対策を行っていくことが大切です。 ミスマッチ 新卒の頃は仕事もアルバイトの経験しかありませんから、「想像している仕事と違った」と思う方も多いです。 これには2つの理由があります。 1つはその意味通りで自分の想像が足りずに、まったく仕事内容が違う場合。 もう1つは新卒の経験がない方はまだ修行中の身ともいえる時期で、まだ責任のある仕事を任せられるタイミングではないという場合です。 この見極め方としては、自分が順当に年齢を重ねていった先、たとえば現在の上司などが自分の希望していた仕事をしているかどうかを見てください。 今その仕事ができないからといって、将来確実にできないという訳ではありません。 一時期の感情に流されて頻繁に転職を繰り返すと、実績がなにもないままで年齢を重ねることになりますので注意しましょう。 志望方向性の変化 「新卒で働き始めた頃はAを希望していたけれど、働き始めてみたら自分の志望がBに変わった」ということもよくあることです。 それが一時の気の迷いではないかの見極めには、自己分析を改めて行ってみるとよいでしょう。 「新卒のときと自分の気持ちがどう変わったのか」 「何をきっかけに変わったのか」 「過去に似たような経験がなかったか」 これらを自分に問いかけてみると、本当に志望の方向性が変わったのかを確かめ、アピールすべきポイントを見つけることもできます。 方向性が変わったのであれば、それを実現するのに一番よい方法を考えて当てはまる企業に転職するための努力を始めましょう。 働き方の問題 「入社してみたらブラック企業」「産休育休制度はあるが、利用できるような状態ではない」など、企業が大切にしていることと自分の大切にしていることの根本がずれている場合、大手企業に転職したいと考える方も多くなります。 この問題に関して転職するべきかの見極め方は、自分の努力で変えられるのではないかと考えてみることです。 成果を出すことを条件にして働き方を変える、あるいは効率的で成果も上がる方法を提案してもダメなのであれば転職するのがよいでしょう。 もしくは、夢の実現のためには時間がないので転職をするという決断でもOKです。 「ただ気に入らなくて辞めたのではなく、自分がやれることをやったか?」という問いかけに自信を持ってYESといえるような状況を作りましょう。 「大手企業に入社して楽をしたい」と志望する方も多い中で、あなたの当事者意識が企業からは魅力的に見えるはずです。 辞めない理由のアピール 第二新卒で転職活動をしていると、もれなく転職理由について質問されます。 この質問は、「うちに入社してすぐ辞めませんよね?」という確認の質問と捉えるとよいでしょう。 大手企業の場合、教育に人・時間・費用を投入しているケースが多いです。 つまり、会社としてはあなたに3年程度で退職されてしまうと、教育した分のコスト(人・時間・その期間の給料)を損する可能性があるのです。 手塩にかけて育ててやっと一人前になったところで転職されてしまうと、投資したものが返ってきません。 第二新卒ということは既に1社目の企業に対して、同じことをしているということです。 人事担当は少なからずそう思っているということを忘れずに、次入社する企業では「そう簡単に辞めない理由」を伝えることが重要になってきます。 将来のキャリアとその企業で学べることを結びつけることで、多くの人事担当者には納得してもらえるはずです。 ポテンシャルのアピール 第二新卒は、ポテンシャルが重視される場合が多いです。 過去の仕事を振り返って経験したことの中から、伸ばせる部分についてアピールしましょう。 大手企業よりも中小企業の方が1人の裁量が大きい傾向にあるため、大手企業の同年齢よりも実務経験を積んでいるケースが多いです。 その部分を存分にアピールし、これから成長して成果を上げる人材であることをアピールしていくのがよいでしょう。 また、経験+自分の性格特徴を含めてアピールすると、説得力のあるアピールになります。 自己分析の中で出てきた自分の長所を絡めて作るようにしてください。 汎用的なスキルのアピール 前職で経験したことを、大手企業であなたはどんな風に生かせるのか。 企業規模が違っても、生かせる能力が汎用的なスキルです。 営業や経理などの職種経験でもいいですし、何かのプロジェクト運営で学んだ組織を動かす力でも大丈夫です。 大手企業の第二新卒・中途募集では不足している部署単位での求人が多くなります。 その企業が求めている能力が明確に想像できるものも多いため、自分の汎用的なスキルがフィットする企業を見つけ出し、アピールしていくと企業側の反応もよくなるはずです。

次の

第二新卒でのエントリーが可能な大手・上場企業一覧22選|20代働き方メディア

第二新卒 大手 it

私が第二新卒になったばかりの頃は、 「どうにかして大手企業へ転職したい!」と考えていました。 それもそうですよね。 だって大手企業のほうが業績が安定していて、福利厚生もしっかりしていますから。 しかし、少しずつ転職活動を進めていくにつれて、 第二新卒が大手企業を目指すのは難しいと実感するようになってきました。 そして、結果的に大手企業から中小企業への転職を目指すようになりました。 ではどうして、第二新卒は大手企業へ転職するのが難しいのでしょうか? 今回はその理由を2つ説明していきたいと思います。 今は「絶対大手企業に就職したい!」と考えていても、以下を読むと考えがガラッと変わるかもしれません。 私の経験談も含まれているので、参考程度にどうぞ。 第二新卒が大手企業を目指すのが難しい2つの理由 1.大手企業を目指すと多くのライバルと内定を争うことになる 大手企業は先程も言った通り、 業績安定・充実した福利厚生完備なところが多いので非常に人気です。 するとどうなるでしょう? あなただけではなく、スキルアップのために転職を考えている人や、新卒の就活生など、多くの人が選考に集まってくることになるのです。 必然的にライバルが多くなり、内定までの道が険しくなります。 もしこうしたライバルと対等に戦うためには、それ相応の武器が必要です。 例えば、その大手企業にとって魅力的な資格・スキルを取得していたり、TOEICで高得点を取っていたり。 あなたは即戦力として働けるだけの人材でしょうか? 新卒でも就職が難しいと言われる大手企業に、一度会社を辞めている第二新卒が太刀打ちできるのか、厳しいところです。 ちなみに私の場合は4ヶ月で公務員を辞めていたので、特に誇れるビジネススキルもなく不利な状況でした。 2.大手企業は新卒を欲しがる傾向にある 大手企業は第二新卒よりも、新卒の就活生を欲しがる傾向にあります。 その理由は明白で、すぐに会社を辞めるような第二新卒よりも、これから未来のありそうな新卒を採用したほうが会社の利益につながりそうだからです。 さらに、大手企業はその知名度から毎年十分過ぎるほどの数の新卒から応募が殺到します。 要するに、大手は人材を選び放題なわけですね。 だから大手企業はわざわざ第二新卒を採用しようとも思ってくれないのです。 以前こんなことがありました。 私が第二新卒になったばかりの頃、転職サイト経由で大手企業に選考の応募を行いました。 しかし、数週間後、なんと 選考お断りのメールが届いたのです。 これにはなかなかショックを受けましたし、今後の転職活動に不安を覚えました。 第二新卒が大手企業を狙うためにはどうすれば良いのか? それでも大手企業を目指したいのであれば、それ相応の準備が必要になると思っています。 自分には即戦力となるスキルは備わっているか? そもそも、自分には転職してから即戦力となり得るスキルがあるでしょうか?または、最初に就職した会社で何かアピールできるような実績を残せたでしょうか? こういった自己PRの材料がないのに大手企業を目指しているのであれば、それはただの高望みの可能性があります。 身の丈に合わない環境ではいくら待遇が良くても長くはやっていけません。 明確な転職理由を伝えることは出来るか? 第二新卒の立場で転職するとなると、面接ではかなりの確率で転職理由を聞かれます。 これは前の会社の退職理由を聞かれるということでもあります。 この時、面接官を納得させるだけの説明が出来るでしょうか? 基本的に面接官は「第二新卒のあなたを採用することが会社の利益につながるか?」を考えます。 その疑問を解消させることが出来なければ、内定を獲得することは至難の業です。 私が大手企業ではなく中小企業に方向転換した理由 確実に正社員になりたかった 私は転職活動を始めてから比較的早く中小企業に狙いを定めるようになりました。 大手は考えないようにしたのです。 その理由は、 どうしても正社員になりたかったから。 内定の難しい大手企業ばかり狙って転職活動をするよりも、私のような第二新卒は中小企業一本に絞ったほうが就職しやすいのは明らかです。 また、中小企業でも正社員になることが出来れば、派遣社員や契約社員よりは明らかに内容のいい福利厚生を受けることが出来ます。 早く就職したかった ただ単に「早く就職したい!」と考えているだけでは転職に失敗する危険性もありますが、それでも周りの友人が順調に社会人として働いているのを見て、私も「早く働きたい!」と思うようになりました。 そうすると当然、大手企業より中小企業を狙ったほうがスムーズに転職を成功させることが出来ます。 私の場合は『 』で紹介しているような転職サイトを利用していたのですが、こういったサービスは私の希望をよく聞いて求人を紹介してくれたので、すんなり内定を獲得することが出来ました。 まとめ 決して第二新卒が大手企業に就職できないというわけではないので、諦める必要はありません。 ただ、難しいのです。 実際に転職活動をしてきて、私に大手企業を狙うだけの能力はありませんでした。 しかし、今は中小企業に入社していても、今後ビジネススキルを磨いてから大手企業に転職することは可能です。 だからどんな立場にいようと目標を持っておくことが大事ですね。 自分にはどのような道がふさわしいのか? 今の自分を見つめることが、より自分に合った環境を手に入れるための方法だと思っています。 【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは? リクナビNEXTで希望の企業像を絞る 「どんな企業に就職したいですか?」 この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。 自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

次の