久保 たけ ふさ レアル。 【海外の反応】久保建英(くぼたけふさ)マジョルカとレアルの違い|トレ説

久保建英は新世界を切り拓く。「レアル移籍内定」の裏側を読み解く|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

久保 たけ ふさ レアル

久保建英(たけふさ)さんやっとA代表入りが発表され、デビュー戦を飾った矢先ですね。 3歳からサッカーを始める。 東京稲城市(坂浜サッカークラブ)• 8歳(小2)バルサのキャンプに参加して MVP• 小3で川崎フロンターレの下部組織に入団• 10歳でバルサの下部カンテラの入団テストに合格• U-12の地中海カップトーナメントは 大会得点王とMVP• リーグ・カタルーニャ杯の制覇• 中3でFC東京U-18に飛び級 日本クラブユースサッカー大会で 中学生で得点王• Jリーグの最年少記録を数々塗り替えている 久保建英(たけふさ)さん・レアル移籍金と年俸 5年契約で移籍金2億4000万!スペインの名門レアル・マドリードに完全移籍が決定的になりました。 すごい額だなーと改めて思いますが、久保建英(たけふさ)さんの獲得を狙っていたのはバルサや、獲得したレアルだけじゃない! パリ・サンジェルマン(フランス)バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)などのビッククラブも手をあげていたんですね。 久保建英(たけふさ)さんなら1億2000万をレアルからもらうことになる。 間違えるのは選手の年収とは違うところであくまでも クラブチームからもらう金額が年俸ということ。 選手は他にもCMとかスポンサー料などが入ってくる。 これを全部足したのが年収になるんですね。 まぁこれは何となくわかりますね。 で、 移籍金っていうは、契約違反した違約金的な物です。 選手は「~年契約」みたいな契約をクラブチームとします。 今回の久保建英(たけふさ)さんの場合だと 5年契約でレアルに移籍しますね。 ということは、契約で「5年間はレアルにいます」という契約をするんですが、 万が一、レアル3年目でバルサに移籍みたいな話が出たら、「 後2年契約が残ってるから違約金払ってください」となる訳ですね。 これが移籍金です。 この移籍金は選手が払う物ではないのです。 で、余談ですが、2016年の香川真司の移籍金は1500万ユーロ、日本円で18億円で、 クリスティアーノ・ロナウドは1億ユーロ、日本円で120億円です。 人気の選手はグッズの販売利益だけでこの移籍金なんて簡単に回収できてしまうようですね。 それにも驚きですよ。 久保建英(たけふさ)さんの活躍次第では今回の2億4000万なんて簡単に回収できますね。 むしろすごい利益を生んでくれそうな予感もしますね。 移籍金はともかく、年俸に関してはレアルやバルサなんかは海外の大物選手の金額を時折耳にしていたので今回の久保建英(たけふさ)さんの1億2000万に対して「ん?」なんて思いましたが、すごい跳ね上がる予感がしますね。 楽しみです。 レアルはバルサをはるかに超えていた!? レアルは200万ユーロ(2億4000まん)に対してバルセロナは25万ユーロ日本円にして3000万。 この時点で獲得の意欲をレアルには感じますね。 他にもレアル バルサ共にある下部組織(3部リーグ)まずはそこでのプレーは条件でした。 バルサは下部組織で2年プレーを要求、 レアルは1年プレーを要求したが、トップチームのツアーは同行を許可している。 そういった面でも自分への期待とか、レベル上げなど考えた結果レアルは好条件だと思うのは私がみてもわかるくらいレアルの条件はバルサをはるかに超えてると思いましたね。 ほんとに応援したいですね。 それとこれからのサッカーをやる子供たちの憧れであり、手本であり、目標であってほしいですね。 うちの1歳のちびにもサッカーをやってもらうつもりなんですが、ぜひ、上を目指してやってもらえたらと思ってます。 これからの久保建英(たけふさ)さんの活躍に注目しましょう!がんばれ! 最後まで読んで頂きありがとうございます。

次の

“レアル久保”が鮮烈デビュー! バイエルンに3発敗北もアシスト未遂などで存在感

久保 たけ ふさ レアル

2019年シーズンには再びFC東京に復帰し、主力として前半戦の躍進に大きく貢献し、2019年6月4日にスペイン1部リーグの超名門 レアル・マドリードへの移籍が発表されました。 久保建英選手は、レアル・マドリードと同じくスペインの名門クラブである バルセロナの下部組織であるカンテラという組織で活躍していた背景もあり、バルセロナへの復帰も大きく噂されていました。 しかし、今回レアル・マドリードから一部報道によると、バルセロナが提示した5倍以上の年俸と、トップチームへの帯同などの破格の条件を提示し、合意に至ったとされています。 では、プロ入りから現在に至るまでの久保建英選手の年俸推移は以下のようになります。 また、久保建英選手がプロの世界で大きく飛躍したのは今シーズンからなので、2018年〜2019年シーズンの年俸も据え置きの700万円となっています。 しかし、今回報じられたレアル・マドリードへの遺跡では年俸が30倍以上もアップする2億円越えでの大型契約となりました。 1年目に所属するBチームであるレアル・マドリード・カスティージャに所属する選手の年俸が 1,600万円前後と言われていますので、若手選手の中でも破格の待遇を受けることになりますね。 久保建英選手の移籍金はいくら!?日本人選手の歴代移籍金ランキングも紹介! 久保建英選手の移籍金はなんと0円!その理由は!? 日本が誇る未来のスーパースターである久保建英選手ですが、どのくらいの移籍金でレアル・マドリードへ加入するのでしょうか!? サッカーの世界では、あるチームに所属している選手が他のチームに移籍する際に、所属クラブに対して買い手のクラブが移籍金という違約金を支払います。 久保建英選手の今回の移籍金は、FC東京の大金社長のコメントで0円と言われています。 というのも、FC東京と久保建英選手が契約した期間がちょうど切れたタイミングでのレアル・マドリードへの移籍となったので、実質的にはフリーの状態での移籍となりました。 移籍金が高くなると買い手がつきにくくなる反面、移籍金が今回のように0円だったからこそ、久保選手自身のキャリアに最も有意義な移籍策を選ぶことができたのかもしれませんね。 日本人選手の歴代移籍金ランキング!1位はどの選手!? サッカー選手にとって移籍金とは、高ければ高いほど市場での価値があると認められた証拠になります。 有名クラブでのプレーも増えてきた日本人選手の移籍金は一体どのくらいなのでしょうか!? 順位 選手名 移籍元 移籍先 移籍金額 1位 中島翔哉 ポルティモネンセ アル・ドゥハイル 約43億7000万円 2位 中田英寿 ローマ パルマ 約32億5000万円 3位 中田英寿 ペルージャ ローマ 約32億円5000万円 4位 香川真司 ドルトムント マンチェスター・ユナイテッド 約20億円 5位 中島翔哉 アル・ドゥハイル FCポルト 約15億円 6位 岡崎慎司 マインツ レスター 約13億7500万円 7位 武藤嘉紀 マインツ ニューカッスル 約13億3750万円 8位 本田圭佑 VVVフェンロ CSKAモスクワ 約11億2500万円 9位 清武弘嗣 ハノーファー セビージャ 約8億1250万円 10位 小野伸二 浦和レッズ フェイエノールト 約6億8750万円 久保建英選手はすでに超名門のレアル・マドリードに在籍ということになりますが、将来的には日本歴代最高の評価がされるような選手にぜひなってほしいものですね! 久保建英選手のプロフィール• 名前 久保建英• 生年月日 2001年6月4日• 身長 173cm• 体重 67キロ• 利き足 左• 登録ポジション MForFW• 代表歴(A代表) 4試合0G0A 久保建英の特徴は?どんなプレースタイル!? 久保建英選手はサッカー選手としては恵まれた体格ではないものの、幼少期に培ったバルセロナ仕込みのテクニックと正確なキックが武器の選手です。 主戦場となるのは中央と右サイドのエリアですが、サッカーIQが極めて高いため前線のポジションであれば広く戦術に適合して働きをすることができます。 特徴的なプレーとしては、細かなボールタッチを生かしたドリブルと、正確なキックを生かしたフリーキック、狭いエリアでも有効な振りの素早いシュートなどです。 また、今シーズンからはフィジカル面での成長も著しく、前線からの献身的な守備や大きなディフェンダーに体を寄せられても倒れない体幹の強さも際立っています。 先日のコパ・アメリカでも本気の南米チームを相手に、しっかりと自分の長所を示すことができており、若いながらも日本代表の攻撃陣を大きく牽引していました。 レアル・マドリードでの今後の活躍にも大きな注目が集まりますね!.

次の

“レアル久保”が鮮烈デビュー! バイエルンに3発敗北もアシスト未遂などで存在感

久保 たけ ふさ レアル

久保建英(たけふさ)さんやっとA代表入りが発表され、デビュー戦を飾った矢先ですね。 3歳からサッカーを始める。 東京稲城市(坂浜サッカークラブ)• 8歳(小2)バルサのキャンプに参加して MVP• 小3で川崎フロンターレの下部組織に入団• 10歳でバルサの下部カンテラの入団テストに合格• U-12の地中海カップトーナメントは 大会得点王とMVP• リーグ・カタルーニャ杯の制覇• 中3でFC東京U-18に飛び級 日本クラブユースサッカー大会で 中学生で得点王• Jリーグの最年少記録を数々塗り替えている 久保建英(たけふさ)さん・レアル移籍金と年俸 5年契約で移籍金2億4000万!スペインの名門レアル・マドリードに完全移籍が決定的になりました。 すごい額だなーと改めて思いますが、久保建英(たけふさ)さんの獲得を狙っていたのはバルサや、獲得したレアルだけじゃない! パリ・サンジェルマン(フランス)バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)などのビッククラブも手をあげていたんですね。 久保建英(たけふさ)さんなら1億2000万をレアルからもらうことになる。 間違えるのは選手の年収とは違うところであくまでも クラブチームからもらう金額が年俸ということ。 選手は他にもCMとかスポンサー料などが入ってくる。 これを全部足したのが年収になるんですね。 まぁこれは何となくわかりますね。 で、 移籍金っていうは、契約違反した違約金的な物です。 選手は「~年契約」みたいな契約をクラブチームとします。 今回の久保建英(たけふさ)さんの場合だと 5年契約でレアルに移籍しますね。 ということは、契約で「5年間はレアルにいます」という契約をするんですが、 万が一、レアル3年目でバルサに移籍みたいな話が出たら、「 後2年契約が残ってるから違約金払ってください」となる訳ですね。 これが移籍金です。 この移籍金は選手が払う物ではないのです。 で、余談ですが、2016年の香川真司の移籍金は1500万ユーロ、日本円で18億円で、 クリスティアーノ・ロナウドは1億ユーロ、日本円で120億円です。 人気の選手はグッズの販売利益だけでこの移籍金なんて簡単に回収できてしまうようですね。 それにも驚きですよ。 久保建英(たけふさ)さんの活躍次第では今回の2億4000万なんて簡単に回収できますね。 むしろすごい利益を生んでくれそうな予感もしますね。 移籍金はともかく、年俸に関してはレアルやバルサなんかは海外の大物選手の金額を時折耳にしていたので今回の久保建英(たけふさ)さんの1億2000万に対して「ん?」なんて思いましたが、すごい跳ね上がる予感がしますね。 楽しみです。 レアルはバルサをはるかに超えていた!? レアルは200万ユーロ(2億4000まん)に対してバルセロナは25万ユーロ日本円にして3000万。 この時点で獲得の意欲をレアルには感じますね。 他にもレアル バルサ共にある下部組織(3部リーグ)まずはそこでのプレーは条件でした。 バルサは下部組織で2年プレーを要求、 レアルは1年プレーを要求したが、トップチームのツアーは同行を許可している。 そういった面でも自分への期待とか、レベル上げなど考えた結果レアルは好条件だと思うのは私がみてもわかるくらいレアルの条件はバルサをはるかに超えてると思いましたね。 ほんとに応援したいですね。 それとこれからのサッカーをやる子供たちの憧れであり、手本であり、目標であってほしいですね。 うちの1歳のちびにもサッカーをやってもらうつもりなんですが、ぜひ、上を目指してやってもらえたらと思ってます。 これからの久保建英(たけふさ)さんの活躍に注目しましょう!がんばれ! 最後まで読んで頂きありがとうございます。

次の