買っ て は いけない 化粧品 ちふれ。 主婦の味方、元祖プチプラ化粧品ちふれを買ってみた感想~最初はファンデーション

【ビーグレン 買ってはいけない】に騙されないで!実際はどうなの?真実を伝えます!

買っ て は いけない 化粧品 ちふれ

ちふれの誕生秘話 コスメデビューしたばかりの10代からシニアまで、幅広い世代の人が使う化粧品ブランド、ちふれ。 プチプラコスメ人気をけん引する存在と言っても過言ではありません。 今年はブランド誕生50周年のメモリアルイヤーということもあり、限定デザインボトル付の化粧水詰替用などの限定商品や、好きな商品に投票できる「ちふれ総選挙」を企画したりと盛り上がっています。 そんなブランド、ちふれの歴史をまずはひも解いてみましょう。 50年前の創業者の想いが、"高品質なのに低価格"の礎となっています。 はじまりは、欧米視察で出逢った1ドル化粧品 ちふれ化粧品誕生のきっかけは1959年。 欧米視察で訪れたアメリカで化粧品が1ドルで販売されていることに衝撃を受けた創業者が、帰国後、100円で化粧品を販売することにチャレンジしたことがきっかけです。 当時の日本は初任給が平均8,400円。 そんな中、化粧品の多くは1,000円前後の価格設定であり、贅沢品でした。 開発に成功し、「100円化粧品」として世に送り出したのはその3年後。 しかし「安かろう悪かろう」という固定概念を持たれることが多く、なかなか受け入れてもらえなかったとか。 そんな中、人気情報誌「暮しの手帖」の企画で高評価を得たことを契機に、売り上げがぐんぐん伸びたそうです。 ちふれ化粧品誕生! 名前の由来は その後、「高品質な化粧品が100円で売られている」ということを知った、当時日本最大級の消費者団体のひとつであった「全国地域婦人団体連絡協議会」と提携することになり、会員向けに販売を開始。 当時で約600万人の会員がこぞって購入する人気商品となりました。 今からちょうど50年前の1968年のことです。 ちなみに「ちふれ化粧品」という名前の由来は、会員向けに販売した化粧品が「地婦連化粧品」だったことから。 「ちふれん」から「ん」を取って現在に至るそうです。 「適正価格」をモットーに ちふれといえば、「低価格」というイメージを持つ人も多いかと思いますが、ちふれ化粧品ではただの「低価格」ではなく「適正価格」と考えているそうです。 ちふれでは、「高品質を追求しながら、人件費や開発費、製造コスト、宣伝広告費など会社を健全に経営するために必要な適正利潤は得ても、それ以上の過大な利潤は求めない。 多くの方がお買い求めやすい適正な価格であるよう取り組んでいる」とのこと。 薄いフィルム状のシュリンクの包みにすることで過剰包装にならないようにしたり、製品の金型をなるべく統一することで製造費を極力カットするほか、問屋を通さないことで中間マージンをおさえるなど、できる限り価格を抑えて販売できるよう、さまざまな工夫を行っています。 ちなみに、広報宣伝費用も価格には反映していないそうです。 「化粧品は日用品であると同時に嗜好品でもあります。 ちふれブランドは後者の嗜好品の役割よりも、日常にやさしく寄り添うことを大切にしているといえるかもしれません。 手に取ったときに高揚感を感じるような美しいパッケージデザイン、心安らぐ香りなども素敵だと思いますが、よりよい品質のものをできる限り低価格で提供するためにそうしています」 ちふれホールディングス 広報部部長 本井沙織さん。 詰め替えも「適正価格」のために誕生 ちふれには詰め替えて使えるアイテムが多数ありますが、じつはこの詰め替え化粧品も「適正価格」へのこだわりから誕生したものだったそうです。 オイルショックの時代に、原料高から値上げを余儀なくされる企業が多い中、同社では徹底的なコストカットで品質と価格を維持。 その際に価格をおさえるために試行錯誤して誕生したのが、当時としては斬新な「詰め替える」という発想でした。 今では多くのブランドが取り入れている詰め替えですが、同社では「適正価格」を貫くための手段だったということです。 なお、詰替用はスキンケアは90~100円、ファンデーション、パウダーは300円、ヘアケアは100~200円、本体よりもリーズナブルな価格設定となっています。 全成分表記を徹底、配合量まで! ちふれの特徴の1つに「成分・分量表示」もあります。 パッケージ裏や外箱に明記されていることはもちろん、WEBサイトにもすべて記載。 しかも、配合量まで公開しているのは実はとてもすごいこと。 なぜならば、レシピを公開しているようなものであり、その配合を見て、ある意味、誰かが同じ製品をつくることすらできてしまうからです。 さらに驚くべきことは、この成分表示は、ブランド誕生時からずっと行っていること。 今では化粧品は全成分表示が義務化されていますが、ちふれでは義務化される33年前から行っており、その時代はとても勇気のいる決断だったそうです。 そこまでして全成分表示をする理由は、どこにあるのでしょうか。 「化粧品は直接肌につけるものなので、食べ物と同じくらい安心感が必要です。 企業努力により、コストカットをして低価格に抑えている分、その価格から不安を感じてしまう人もいるかもしれません。 私たちは全成分表記は安心してお買い求めいただくために大切なことだととらえています」 ちふれホールディングス 広報部 長野恵実さん。 肌がデリケートな人が苦手とする成分が入っていないかどうかを判断する材料にもなり、成分について詳しく学ぶと、配合成分に対してのコスパの高さもよくわかるのだとか。 また、ボトルの底には製造年月日を記す5桁の数字も印字されています。 化粧品はある程度時間がたつと劣化してしまうもの。 いつ作られたものなのかがわかるのは、安心材料の1つです。

次の

プチプラ化粧品ちふれの化粧下地を試してみた感想

買っ て は いけない 化粧品 ちふれ

シャンプーに含まれる発がん性物質【コカミドDEA】 コカミドDEAという聞きなれない名前の物体が【発ガン性物質】ではないかと騒がれている原因の物です。 コカミドDEAとは、ヤシ油を原料とした合成剤です。 ヤシ油由来の成分なので、主に自然派をうたった商品に入っている事が多いです。 効能としては、主に【シャンプーの泡を安定させる作用】を持たせる為シャンプーに配合されています。 コカミドDEA配合のシャンプー・メーカー カネボウ ノエビア 資生堂「ツバキ」 花王・・・対応済み? コーセー 大手メーカー、多くの商品に使われていますね。 「ノンシリコン」や「アミノ酸系」シャンプー、自然派で体に優しいとうたわれているシャンプーに配合されているケースが多いのが特徴です。 「アミノ酸系」シャンプーなどは本来、体に優しい良いシャンプーの部類に入るのですが 、【コカミドDEA】はそんなに体に悪いものなのでしょうか? コカミドDEA検証 コカミドDEAは、1997年に発ガン性の懸念が発見され、以降、配分量等に注意するよう促されていました。 しかし、明確なガンとの因果関係は証明されていません。 さて、シャンプーに含まれるコカミドDEA、発ガン性の可能性があると言われていますが、それは 【コカミドDEAを大量に摂取した場合】、ガンになる恐れがある。 というものです。 シャンプーに含まれているぐらいのごく微量な量では、それほど問題は無いと言えるでしょう。 醤油や塩でも、バケツ一杯いちどきに摂取すると体を壊すのと一緒で 大量に、飲んだりしなければそれ程危険とは言い切れないものです。 注意が必要! さて、特に問題は無いと言いましたが、注意が必要です。 【コカミドDEA】の配合量の多いシャンプー等は髪質低下の原因になるとも言われています。 また、シャンプーや化粧品にはその他に 【パラベン】という物も入っています。 【パラベン】は防腐剤です。 これも大量に摂取し過ぎるとガンになります。 しかし、パラベンを配合していないと3ヶ月もすれば化粧品やシャンプーは腐ってしまいます。 腐って、菌が繁殖した化粧品を使うよりは 【パラベン】で菌の増殖を防いだ方が体には健康だと言えるので、基本的にパラベンは様々な商品に使われています。 その他にも普段食べている食品にも 、【様々な食品添加物】が使われています。 これらの添加物も大量に摂取すると発ガン性の恐れがあります。 【コカミドDEA】【パラベン】【食品添加物】これら全て発ガン性物質です。 ガンは体の中で、出来たり消えたりしています。 それが、体調の変化や許容量以上の発ガン性物質を摂取する事で対応しきれなくなると悪性となって出てきます。 現代社会は様々な添加物に囲まれて生活しています。 化粧品にも多くの発ガン性物質が含まれており、口ベニは石油で作られている商品が大半です。 安いサプリメントも石油由来の商品だったりします。 これらが積もり積もって、体に害を引き起こすのだと筆者は考えています。 現代社会において、全てを排除する事は難しいので、出来るだけ体に優しい物を選ぶように生活していくよう心がけましょう。 髪の成長に必要な成分を調べている時に出会った本です。 CCレモンなどで、レモン100個分のビタミンC!って・・・100円そこそこのジュースにレモン100個って原価どれだけ使ってるの?!と不思議に思ってた頃がありましたが、この本が解決してくれました。 普段使ってる化粧品 やサプリメントが実は体に多大な害を与える物になってるケースがありますので、興味のある方は参考にしてみてください。 特に、安いサプリメントを飲んでる方は、飲むのを止めた方がいいですよ。

次の

20歳くらいの時に、買ってはいけない化粧品という本を読んでしま...

買っ て は いけない 化粧品 ちふれ

SKINCARE• MAKEUP• 保湿クリーム ラインナップ• メラニンの生成をおさえ、シミ・ソバカスを防ぎます。 年齢に応じた化粧品によるスキンケア 使用ステップ• クレンジング• スペシャルケア• 化粧水• メイク おやすみ• 美容液シートマスク• 朝、乾燥が気になるときには、必要に応じてお使いください。 (メイクの前は、少量でお使いいただくことをおすすめします)• OTHER PRODUCTS その他の製品•

次の