リトルベン。 「リトル・ジョー」ベン・ウィショーらのメイキング写真到着、“マスク割”も実施(映画ナタリー)

映画「リトル・ジョー」を日本公開日前に結末まであらすじネタバレ!上映館やムビチケ前売り券の情報も!│Kisei

リトルベン

リトル• ベン 住所:2 Wilton Rd, London SW1V 1AN Victoria street とVauxhall bridge roadの 間にあります。 ベンがつくられたのか? この時計塔はクロイドンにある時計会社 ジレット• アンド• ジョンストンによって エリザベス• タワーを まねるようにして作れました。 1892年頃この系の記念時計がとっても流行っていたしいです。 当時は腕時計なんてなかったので時計塔をつくって 人に時間を教えてあげていたのですね。 (当時イギリスはサマータイムを導入していませんでした。 ベンなぜみんな知らないの? 実はリトル• ベン、あまり観光客に知られていません。 なぜでしょうね? 1892年頃につくられたリトル• ベンでありましたが、 1964年頃はビクトリア駅の近くを道路を広げたり、 駅周辺を開発のため取り去られてしまいます。 そのため、1981年フランスのオイル会社elfが イギリスとフランスの友好関係の為に 寄付によって設置しなおされました。 しかし、2012年2月28日にまた工事の為に 取り去られてしまいます。 そして、やっと2016年2月28日 今設置されている場所に戻って来たのですね。 リトル• ベンは観光客の方は知らないのは 取り去られてしまっていたからなんです。 これからお兄さんである ビック• ベンと一緒になって 頑張って欲しいです。 下の写真にLittle Benとしっかり書かれてあります。 なぜ1時間早い状態になっているのでしょうか? それはフランスとの友好に関係しているからだと 思われます。 先ほども書いたようにフランスのオイル会社eifの寄付によって リトル• ベンは戻るができました。 フランスとイギリスは1時間の時差があります。 フランスはイギリスよりは1時間早いです。 時計の下に書かれているこのメッセージ。 My hands you may retard or may advance my heart beats true for England as for France. リトル• ベンのサマータイムについての謝罪 時計の針は時間が遅れている時もあれば、 進んでいる時もある。 私の秒針はイギリスとフランスにとって真実を示している。 まったく意味が分かりません。。。 直訳してみましたが、 間違っていたらごめんなさい。 全く意味が分からないので 調べて訳してみました。 リトル• ベンのサマータイムについての謝罪 My hands you may retard or may advanceの部分です。 My handsは時計の針を指していると思います。 たぶん分針と時針のことでしょう。 時計の針は時間が遅れている時もあれば、 進んでいる時もある。 My heartsも時計、秒針又は振り子の事を 現していると思われるので 私の秒針はイギリスとフランスにとって真実を示している。 調べた結果、イギリスとフランスは1時間の時差があります。 なので、イギリス側とフランス側の立場でこの時計を見た場合、 フランスの冬時間の時とイギリスの夏時間の時は この時計は真実を伝えていると言いたいのだと思います。 イギリスとフランスは共にあると言いたいのかなとも思いました。 なのでイギリスの冬時間の時は 絶対にこの時計を見ないで下さい! 時間が間違っています。 ベン観に行った時は 誰も見向きもしてなかったです。 私だけ写真を撮っていて、 人通りの激しい通りでしたが、 多分、皆さん知らないのかなと思いました。 リトル• ベンは全体的に重々しい黒ですが、 ちっちゃくて、可愛らしい時計塔でした。 EU離脱で話が進んでいますが、 イギリスとフランスの絆の時計塔が戻ったので 友好関係続けて欲しいですね。 新観光名所リトル• ベンを読んで頂きありがとうございました!.

次の

寺田心

リトルベン

webDICEではジェシカ・ハウスナー監督のインタビューを掲載する。 今作に主演するエミリー・ビーチャムは第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で主演女優賞を受賞した。 また主人公アリスの同僚役としてベン・ウィショーが出演している。 バイオ企業で新種の植物開発に取り組む研究者のアリスは、息子のジョーと暮らすシングルマザー。 シングルマザーの主人公が住む家や、実験が行われる温室といった美術、そして日本の作曲家、伊藤貞司の音楽もSF的な設定ににリアリティと寓話的ムードの双方を与えている。 「働く女性は皆、多少なりとも非難のこもった口調で、『それで、誰が子供の面倒を見ているのですか?』と聞かれたことがあるでしょう。 どんな人でも、他者やその個人でさえ完全に理解しきれない秘密を隠し持っています。 私たちの中に奇妙なものが思いがけず生まれ、親しんでいたはずのものが奇異に映る。 知っているはずの人が突然別人に思える。 身近だと感じていたものほど遠く離れてしまう。 そして、お互いを理解したいという思い、共感、共生への欲求が満たされることはなくなってしまう。 そういった意味で本作は人の中に存在する奇妙なモノの比喩と言えるでしょう。 観客がストーリーを解釈する上でさまざまな可能性を提供したいと思いました。 人々の変化は、精神的な心理状態、または吸入した花粉の影響によるものだと説明することができます。 はたまた、それらの「変化」は実は存在せず、ベラやアリスの妄想とも考えることができるかもしれません。 そして、脚本を書くときの最大の課題として、シーンに曖昧さを残すことでその時々に観客が違った答えを見つけ出せるようにしました。 ジェラルディンと私は、これまでにも似たようなドラマツルギーの課題に取り組んできました。 『ルルドの泉で』では、奇跡の存在もしくはその不在に説得力を持たせる必要があり、その点に注力しました。 結果としてヴェネチア国際映画祭で賞を受賞することができました。 一人の母親の物語でもあります。 働く女性は皆、多少なりとも非難のこもった口調で、「それで、誰が子供の面倒を見ているのですか?」と聞かれたことがあるでしょう。 主人公は仕事と育児の間で板挟みになっています。 そのため二人の子供への感情が混ざり合い、子供(達)を蔑ろにしたり、失ったりしたくないと願いつつ、最後にアリスはどちらかの子供を選ぶことになります。 安全性を確保するために、この不測の事態から身を守るべきだと主張する意見もあれば、すべてはコントロール下にあると主張する意見もあります。 どちらかに与するつもりはありません。 私は、一方では科学の発展によって、もう一方ではインターネット上で広まっている部分的な真実によって生み出されている、現代社会のこうした側面に強い興味を抱いています。 そして、科学者でさえも確実に証明することはできず、推測することしかできないという不気味な理解へと至ると……あらゆる陰謀理論のよき温床となるのです。 お伽話的な性質がこの映画には必要でした。 たとえば、色彩にはミントグリーンと白、そして花の赤、極端に言えば幼稚にも見えるこの配色で、映画におとぎ話や寓話的なムードを演出しています。 ここでアリスの赤いマッシュルームヘアは非常に重要なポイントで、この演出を象徴しているとも言えるでしょう。 彼女は監督のすべての作品に関わってきています。 ターニャの衣装からは、映画の時代背景を簡単に特定することさせないようにしました。 そして、ばかげたドレスや大きすぎるスーツなど、ユーモアを含んでいることも重要です。 観客は、断片的な要素しか見せられていないことに気付くでしょう。 そして、その背後にあるもの、何がおかしいのか、見えないところで何が起こっているのか、自問を始める。 私たちのカメラアングルとストーリーテリングはこの自問を強調しています。 何が見えていないのか。 画面外に隠されたものは何なのか。 たとえば、ベラが「異変を引き起こしたのはリトル・ジョーの花粉だと思う」と言うシーンでは、カメラが彼女に近づき、そして通り過ぎる。 ここで、ベラが私たちに答えを提供できる人物ではないというかのように、彼女の権威に対するわずかな失望や疑念を感じさせるのです。 1940年代にマヤ・デレンの実験映画のために音楽を制作していた人物ですが、なぜ彼の音楽を使用しようと思ったのですか? 私が映画音楽らしい音楽を扱うのは本作が初めてです。 マヤ・デレンは、映画史を通して私に最も影響を与えた監督と言えるでしょう。 彼女の編集スタイル、ステージング、そして音楽に魅せられてきました。 刺激的で、感情を生み出し、恐怖を感じることさえありますが、抽象的でもある。 見る人を引き込み、同時に押し戻すのです。 伊藤貞司のアルバム『Watermill』でこの3曲を聴いたとき、すぐにそれが私たちの映画のために作曲されたものだと思いました。 すでに絵コンテの時点で私の頭には彼の音楽があり、どのカメラの動きにどの音楽を合わせるかがわかっていました。 それもあって、撮影中は、映画のリズムやストーリーにも彼の音楽が大いに影響したと思います。 母国語で無い言語での映画製作について、いかがでしたか? 英語で仕事をするのがこんなにも素晴らしいものかと驚かされました。 ドイツ語では難解だったり、ふざけた感じだったりに聞こえてしまうことが、英語ではシンプルでドライな感じに表現できると感じています。 私は母国語以外の言語で撮影すると本当によく集中できるので、非常に楽しいです。 人工的に品種改良されているのはどんな植物なのか、その理由、そしてこの科学の市場。 人々が植物に何を求め、何が売れるのか。 研究におけるトレンドや方向性。 何が科学に利益をもたらし、何が経済に利益をもたらすのか。 もちろん食用作物の最重要テーマは、植物の耐久性と回復力の開発です。 しかし、観賞用の植物においては、「香り」のような主観的なものが多くの研究の焦点となっているが面白いです。 実際、このユートピアは存在します。 植物の香りは人を幸せにするのです。 ほとんどの場合、花は美しいもので、その香りをかいだ先には笑顔があり、それは花というアイディアそのものでもあります。 花は美しく、かぐわしい。 ただし研究の過程で、本当の意味での「いい香り」とは何か、わからなくなるのです。 なぜなら誰もが異なる香りの好みを持ち合わせているから。 そこから誰もが幸せになる香りを放つ花というアイディアが生まれました。 それは、まるで錬金術の如き、科学者の紡ぐ魔法なのです。 さらに、ストーリーに待ち受ける破滅を予感させるには、素晴らしい香りから生まれる邪悪な脅威が必要でした。 私は植物遺伝学と人類遺伝学に精通した科学者数名と、脳の専門家にコンタクトを取り、植物が人間を感染させることが可能なのか、またその場合、どのようにして感染するのか仮説を立てることにしました。 この繋がりを見出すのがもっとも困難でした。 彼らは、ウイルスであれば可能だという仮説をくれました。 ウイルスには十分な柔軟性があり、植物ウイルスからヒトウイルスに突然変異する可能性があるというのです。 これが現実に起こる可能性は極めて低いものの、起こらないとは限らない。 そして、この仮説がストーリーを組み立てる基礎となりました。 また、脳の研究をしている神経科学者ジェームズ・ファロン氏が向精神薬を鼻から吸入できるという仮説を提唱してくれたため、これが私たちのアイディアを裏付けてくれました。 オランダは草花栽培の分野で非常に専門的かつ最先端のテクノロジーを持ちあわせているのです。 世界最大の花市場であるロイヤルフローラホランドは目を疑うほどの巨大な事業で、花を積んだ無数のコンピューター化された台車が走り回っている光景は、まるで「素晴らしい新世界」(1932年オルダス・ハクスリー著)のディストピアを彷彿とさせます。 誰にもその結果を完璧に予測することはできませんが、それでも試みは成されるのです。 本作では、花の香りを吸い込んだ当事者が幸せなのだから、発明としては成功と言えるでしょう。 しかし、その代償は……これらの矛盾や相反する状況、永遠に元に戻すことができない「ゴルディアスの結び目」 注 が私の興味を最もかきたてるテーマなのです。 注 …古代アナトリアにあったフリギアの都ゴルディオンの神話と、アレクサンドロス大王にまつわる伝説。 この故事によって、手に負えないような難問を誰も思いつかなかった大胆な方法で解決してしまうことのメタファー「難題を一刀両断に解くが如く」(英: To Cut The Gordian Knot として使われる。 引用:wikipediaより (オフィシャル・インタビューより) ジェシカ・ハウスナー(Jessica Hausner) 1972年、オーストリアのウィーンで生まれた。 The Film Academy of Viennaで監督業を学び、在学中に映画賞受賞作の短編『FLORA』(96)、『INTER-VIEW』 99 を制作した。 2001年、長編初監督作『Lovely Rita ラブリー・リタ』 01 がカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、二作目の『Hotel ホテル』(04)も再びカンヌ国際映画祭ある視点部門で上映された。 2009年、『ルルドの泉』がヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品され、国際映画批評家連盟賞を受賞。 2014年には『AMOUR FOU 原題 』が再びカンヌ国際映画祭ある視点部門でプレミア上映された。 『リトル・ジョー』はジェシカ・ハウスナー監督の長編第5作目であり、初の英語作品である。

次の

映画「リトル・ジョー」を日本公開日前に結末まであらすじネタバレ!上映館やムビチケ前売り券の情報も!│Kisei

リトルベン

解説 幸せになる香りを放つという新種の植物がもたらす不安を描き、主演のエミリー・ビーチャムが第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞した異色のスリラー。 幸せになる香りを放つ新種の植物「リトル・ジョー」を開発した研究者でシングルマザーのアリスは、ワーカホリックで息子のジョーときちんと向き合えていないことに罪悪感を抱きながら、日々の研究にいそしんでいた。 息子のジョーへの贈り物として、彼女にとってもう1人の息子であるリトル・ジョーを自宅に持ち帰る。 しかし、リトル・ジョーの香りを嗅いだジョーが奇妙な行動をとり、花粉を吸い込んだアリスの助手クリスもいつもとは違う様子を見せ始める。 監督はミヒャエル・ハネケの助手を務め、「ルルドの泉で」で注目された気鋭の女性監督ジェシカ・ハウスナー。 2019年製作/105分/オーストリア・イギリス・ドイツ合作 原題:Little Joe 配給:ツイン スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む ベラ、ベロ、と来たら、いつベムが出てくるかと待ってしまった・・・ あるプラント会社では、幸せフェロモンを出す新種の植物を売り出そうと開発しています。 遺伝子操作やら何やらを駆使して作り出したのですが・・・ 発想は良いとして、全然科学的じゃないんです。 研究室で異物混入に気を使ってる割には、全く違う種類を一緒に栽培して、温度と湿度は?花粉が混ざるのは良いのか?犬まで飼ってるし。 花粉の有毒性(?)の懸念が拭えないからマスク着用なのに、勝手に持ち帰ってプレゼントしてしまうし。 植物が環境に適応するのではなく、自分で環境を作ってしまう、というからどんな凄いことになってしまうのかと思ったら、自分の意思で味方を作り、邪魔者を排除してしまう、という話でした。 ホラーという程ではないです。 演出が変な日本趣味(のつもり?)で、アート感覚でアジアンなものを取り入れたようですが、無い方がすっきりして良かったのに。 尺八と笙のボリュームがうるさいし、日本人が聞くと、効果音が場面に合ってないと感じてしまいます。 ネタバレ! クリックして本文を読む Pathways to the Brain この映画のことをボディ・スナッチャーに掛けてか " mind-snatching effect " という言葉を映画の内容を説明する時に使っていた.... そのモチーフである1956年のSci-Fi映画の古典とは別次元 That must be quite a burden. No, well, I wouldn't call it a burden!I love my son and I enjoy spending time with him. Naturally. But sometimes, I simply can't be there for him. 彼女のシングルマザーと植物の探求者という立場がこの映画のキーとなり、何とも言えないアイラニックな世界観を描いている... それはそれとして、この映画の特徴としてもう一つ言えることは映画に呼応するサウンドスケープ... 日本人がかつて聞き慣れた笛や琴の音.... それを前衛的に作り上げた方の音楽を取り入れていることである意味、この映画の不思議観に色を添えている。 Can you imagine that? Somebody you love. Joe for example. One day, Joe isn't Joe anymore.... No antibodies, no histamines. He couldn't find anything unusual. The vet said he thought Bello might have senile dementia. 精神的にトラブルを抱えているが、その洞察力はピカイチの同じ研究員のベラ... 自分の愛犬がまさかの狂犬になってしまうとは最初は、にわかには信じられない彼女... You're suggesting that this harmless little R-virus vector has mutated into human pathogenic virus that infects people's brain? 生物は常に環境に適応するように変化し、種が分岐して多様な種が生じると主張した説を覆す植物が環境に適応するのではなく、自ら環境を変える異常な世界。 人の幸せ.... ある有名な精神学者の患者の話.... 父を愛する娘の深層心理を今でも覚えている... トラウマのように 今の現実での話に深く繋がる映画と言え、対象者、愛する人に対して自分勝手に愛する人の為と思い込んでいることが、あなたは本当に最善のことをしているのかという恋愛にも通じるアンチテーゼ• 「スパイ in デンジャー」 C 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. 「パブリック 図書館の奇跡」 C EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved.

次の